ガチホ〇撲滅教

掘り出し物探しの練習を...。

5月ポートフォリオ

今週の更新~

最近、相場は荒れ模様なので銘柄を色々どうしようか考えている。

しかし、相場から完全に離れることが株式投資における一番のリスクなのでしばらく忍耐が必要である。

 

今日は、今後の自分が当時を振り返るために現在のポートフォリオを整理するとともに、今後のポートフォリオ戦略も考えていく。

まぁ、やってることは昔の日本や中国と同じで、出来る人の手法をみながら自分流にアレンジしていく感じで。

 

 

今週の個人的気になったニュース一覧

JT完全民営化?

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190517/k10011919441000.html

 

これは、JTにとってはマイナスのニュース。

JTの株式の3割ほどは、「JT法」で政府が持つことが法律で定められている。NTT(日本電信電話)も同様。

そのため、完全民営化となると、市場に発行済み株式数の3割ほどの株が売られることと、現状の高配当の維持が難しくなるといわれている。

国は、JTの配当金を国家予算に組み込んでいるので、JTは言ってしまえば、国からプレッシャーを受けながら配当還元を行っているといえる。

もし、国がJTの株を完全に売ってしまうと、その後は国からのプレッシャーがなくなってしまうので現状の高配当を維持してくれるかはわからない。

株クラの意見をみてると、そこまですぐには民営化は難しいだろうという意見になっている。

 

JTは、最近打診買いを行っている銘柄なので今後の動向に注意が必要である。

 

工作機械受注下げ幅拡大

t.co

 

工作機械受注が減少。今後も米中貿易戦争で下げ予想。

これは、内々定が出ている弊社からするとかなり痛い。売り上げの20%ほどは、中国・アジア向けの工作機械なので無傷ではないだろう。

 

かなり景気判断に悲観的なものが多い

t.co

 

t.co

 

かなり、景気判断に悲観的なものが多い。

今日も一瞬だけ、日経平均が21,000円を割ってしまった。

もし落ちるなら、いったいどこまで落ちるのだろうかという気持ちになるが

実は、日経平均BPSは20,000円ぐらいまで上昇してきている。

https://www.yomiuri.co.jp/editorial/20190521-OYT1T50114/

 

また、日経平均は歴史上、PBR(=株価/BPS) 1倍で下落を切り返す可能性があるので、実は日経平均はもしかすると20,000円ぐらいまでしか下がらない可能性がある。

 

しかし、日経平均が20,000円まで下がってるときはかなり他の銘柄も下がっていると思うので、やはり新規で注文するのは控えておこうかなぁ...。という気持ち。

資金がまだまだ小さいので当てる時に大きく当てたい。だからその時までは、少しCP(Cash Position)を大きく持っておく(予定)。

 

2019年度第1Q 日本GDP

https://www.yomiuri.co.jp/editorial/20190521-OYT1T50114/

 

日本の第1QのGDPは、増加したというニュースがラインニュースで流れてきたのをちょっと前に見たんだが、これもうちょっと掘り下げてみてみると、上のニュースで言っているように、単に、輸入の減りが輸出の減りを上回っただけのプラスだった。

むしろ、輸入が減っているという事は、日本国内需が減っているともとれるので、表面上GDPはプラスだが、内容が非常によくないものとなっていた。

 

いかつすぎる

https://www.asahi.com/articles/ASM5L6VHNM5LULZU00R.html

 

トレンドマイクロ(ウイルスバスター系)にサイバー攻撃はいかつすぎるw

でも、この会社結構昔に何回かやらかしてるみたい...。 

 

ファーウェイーーー!!!

https://www.sankei.com/smp/world/news/190520/wor1905200002-s1.html

 

https://anonymous-post.mobi/archives/7849

 

https://www.sankei.com/smp/economy/news/190521/ecn1905210038-s1.html

  

セルインメイ

https://www.sankei.com/smp/world/news/190524/wor1905240030-s1.html

 

テスラ・シェアリング

https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00002/042600311/?n_cid=nbponb_twbn

 

NTT・ゲノム・予防医療

https://r.nikkei.com/article/DGXMZO44473660X00C19A5MM8000?s=3

 

 

今週の気になったワード一覧

・ジュグラーサイクル

・クズネックサイクル

エンタープライズIT

 

5月ポートフォリオ

株式投資以外のリスク資産は、ほぼ投資ではなく投機で流動性が高く、現金にほぼ近いような性質を持っているので現金と同等扱いし、株式投資の分だけ詳細を載せる。

長期投資始めるなら、米国株も買いたいなぁ。勉強せねば...。

 

現在、こんな感じ

 

現状のポートフォリオ

f:id:seiyafield:20190524191658p:plain


一応表。

銘柄 割合(%)
三菱商事 10.0
スペースバリューHD 9.69
JT 8.90
KDDI 4.82
三井住友FG 3.37
現金及びその他資産 63.22

 

ここに載っていないが、日産自動車NTTドコモもいた。ちなみにNTTドコモはかなりつい最近までいた。

だが、通信株はKDDIの方が好決算で、今後の増配余力もNTTドコモに比べて高いと考え、KDDI一本に絞ろうという事でNTTドコモは売却した。

 

日産自動車は、別の記事で更新する内容で説明する。

(後日、記事のリンクをここに貼る)

 

 

まぁ、見たらわかるが、スペースバリューHD以外は、全部の銘柄が株をやっていない人でも知っている超大型銘柄ばかり。

このようになっているのも理由があって、小型株は、当ブログで再三言及している景気敏感株と同じように不景気時に大型株よりも大きく値下げをする。といった事が発生するのでこのような大規模な成熟企業で構成されている。

 

通信株は、KDDINTTドコモを以前の通信量値下げ問題の下落時に購入した。

最近、NTTドコモを長期的な成長を疑い売った。KDDIは、まだ今後数年間は大丈夫な気分でいるので利益を引っ張ってる。

 

3月にゆったポートフォリオにだいぶ近いものが完成したと思う。(形だけは...。)

しかし、スペースバリューとJTでリスク取りすぎ感が否めない。

 

3月にゆっていたことと矛盾するが、今の銘柄数は多く感じるので、もう少し減らそうとも考えている。

(銘柄を増やすと分散効果は出るが、株式保有のコストが銘柄に比例して大きくなるので。)

 

あとは、若干現金比率が目標よりも低いのでその点もリスクの取りすぎが見受けられる。

だがこれに関しては、去年忙しくて株すると損しそうだったので、ほとんど入金していなかった分を今年の分に少し上乗せして入金しているので、今年は少し入金ブーストがかかっている。そのため、すぐにCP(Cash Position)は復活してくると思われる。

 

seiyafield.hateblo.jp

 

今後の戦略

これから、しばらくは世界規模でどんどん株価下げてくると思うので、少しだけ現金比率を減らしてリスクを取っていこうと考えている。とはいっても、まだ50%以上はリスク取らないようにしようかなぁ。

といったようなことを反映させたのが以下のような感じ。

今後1~1.5年で以下のような構成に近づけていこうと考えている。現状の基本ポートフォリオは、CP(Cash Position)が65%なのだが、少しづつリスク資産を上げていこうと考えている。

 

f:id:seiyafield:20190524191537p:plain

 

 

特に来年からは、社会人になって月の給料が今の倍ぐらいは入るはずなので現金創出力が大きくなる。

現在は、その時にたっぷりと仕込めるように我慢の時間だと思っているので、気を長くして相場の下落を待っていようと思う。

 

現在、四季報で全銘柄に目を通している作業を行っているが、今9割ほどの会社を見たので、あと少しで個別銘柄の深い分析に入っていこうという段階まで来た。この個別分析で時間を使おうと考えている。

 

また、将来のPF(Portfolio)戦略は、数か月後にもう一度考え直してより良いものに洗練させていこうと思う。

 

 

最近の相場【令和ショック】

今週の更新〜

ここ2週間は、GWと出張準備と出張と来月提出の論文執筆で投資関係の事は、インプットしかできてないので、最近の相場と自身のPF戦略をまとめておくだけにする。

最近は、本業のエンジニア的な事を頑張っていますw。

ここ3か月間で勉強した知識の整理を行っているので、そのまとめの更新も行いたい。

 

今日の更新は、記事全体が個人的気になったニュース一覧状態になる。

 

 

米中貿易戦争

もうこれに関しては、ニュースが多すぎてまとめられない感じがあるので、このワードだけ置いておく。

 

これに関した気になるニュースが多すぎる!!!

自身の売買するリスク資産に絡めて現状を説明していく。

 

日本株:日経平均 21,000円を割る

まぁ、GWの相場開きの下落時点でわかってた感はあるけど、リスクオフで令和入ってからの相場はダダ下がり傾向。確か、米国がこのように追加関税を明言したのは、GW明けの1日前。そこからの相場は完全にナイアガラ。

今日の終値は、一応 21,000円台を保ったけどリスクオフの流れになっている。

 

クラスタの意見をみていると、現在の相場は下げ相場前の最後の踏ん張り局面で上がってからの下げ予想になっている。

こうゆうときに株を買うと大きな損失を出す可能性が高いので、しばらく放置しようかなとも考えている。「落ちてくるナイフを掴むな。落ちているナイフを拾え。」というやつですね。

 

日本株の今後の作戦

今後の動きとしては、現金をリスク資産に動かすのはできるだけ控えて、今持っているリスク資産内での資金移動を行おうと考えている。

具体的には、PF内の景気敏感株を減らしてディフェンシブ株を増やすなどのPF調整を行う。

とか何とか言いながら、良決算かつ自社株買いも行うのに下落している三菱商事を新規で購入してしまった (普段、物欲ないのに株って怖え...)

たぶん、三菱商事が下がってるのは、今期良決算だったにもかかわらず、増配を行わず、自社株買いしか行わなかったのが嫌気されてる。自分的には許容範囲内です。

ただ、景気敏感株なので、保有時間は若干短めにしたいところ。

(昔、ソニーを買った時と全く逆の状況なので怖い。)

 

持ち株PF内の戦略を言うと、以前のドコモショックの通信キャリア銘柄 下落時に購入したNTTドコモKDDIが、新料金プラン発表を受けて上がってきているので、それを売ってKDDI子会社の下がっている沖縄セルラー電話を買うかどうかも検討中。どちらの会社も決算結果は悪いものではなかったので。

というより、沖縄セルラー電話はディフェンシブ銘柄なので、新規で買ってもいいんやけどな。

 

JTも高配当リバウンド狙いで購入しようか検討中。日産自動車も以前高配当リバウンド狙いで打診買いしていい感じで売れたし、昨日ぐらいからJTの下げも止まってるし、JTの間近決算もかなり良かったので。ただこの銘柄は、ESG投資の攻撃対象銘柄なので要注意。

具体的には、予想配当利回りが6.25%となる2,464円で若干数、買おうかなと。

さらにそれ以上に下がるなら6.5%となる2,369円でも買おうかな。

 

ESG投資

www.nhk.or.jp

 

景気指数判断低下

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190513/k10011914221000.html

 

一般人指数 

僕は、周りの普段相場を触っていない人が「投資始めた」とか「投資始めてみたいです」とか言い出すのを聞く回数を「一般人指数」というのですが、最近これが高いですw。

経験的に、一般人指数が高いほど、相場の天井が近づいていることが多いwww

暗号通貨もそうだったしな。 

 

暗号通貨に関しては、最後のバブル時なんて普段株やってる人が2、3人しかおらんTwitterの本アカでも10人以上が「リップル!!リップル!!」「カタパルト!!カタパルト!!(XEMのカタパルトのことw)」的な暗号通貨に関するツイートしてたから、あぁ、これは...。という感じになってたw

 

今も、あぁ、これは...。という感じになってるw

 

日本株式市場の今後

1つあり得るストーリーとしては、各証券会社とかアフィリエイトインフルエンサーがおそらく、「今年は令和元年記念で上がります」みたいな事言ってんやろw?知らんけどw

それで、最終局面に爆上げして、初心者イナゴ買い、HF売り爆下げからの、初心者損切りライン決壊狼狽売りからの、大暴落を妄想してるw

(ここまでのシナリオは、妄想にすぎません。)

 

為替:ドル/円 110円を割る

これも、よくある円高ですね。ここ数か月は、ずっと110円以上をうろうろしていたが、とうとう110円の壁を割ってしまった。一瞬だが、109円前半まで下がったので、その辺でドル買い増そうかな。

現在、中国が報復している状況なので、大量買いするかどうかは今のところ様子見状態。

正直言うと下がるか上がるかイマイチわからん。

こうゆうときは、とりあえずドルコスト平均法で、時間分散してちまちま買っていく予定。

 

アメリカ株買うためのいい準備かもしれない。 

 

暗号通貨: ビットコインアルトコイン時価上昇

今の暗号通貨関係の上げは、軒並み全世界の国家通貨価値が下がっているので、国家通貨に対して相対的に価値が上がったことによる時価上昇だと考えている。 

 

昔、ビットコインを持っていた時に、ニュースは忘れてしまったんだがww 中国元が暴落した日があって、その時に中国政府が自国民が外貨に交換できないように規制をかけたことでビットコイン時価が1日で1.5倍ほどになるという経歴があった。

そのため、今後も有事で世界経済がドボン。または、景気減速が危ぶまれている時などは、暗号通貨全般が上昇するという傾向が続くと考えられる。

というように、プログラムされているAIも購入すると思うので、さらに上がる。

さらに、暗号通貨は、なぜか投資初心者が多いのでそれを見てイナゴ買いでさらに上がる。

 

自分が考える暗号通貨に投資初心者が多い理由

暗号通貨に投資初心者が多いのは以下のような理由からだと思っている。

・株と違って、そこまで買える種類が多くないので銘柄選びの敷居が低い*

*実際は多いのですが、恐らく暗号通貨投資の初心者は、時価総額が20番以内の暗号通貨しかそもそも投資対象に入れていないとの前提です。

 

・株、FXは、大損するものという印象が多い。しかし、どうやら暗号通貨は儲かるそうだといった印象で始める人が多い。

 

 

この辺に、日産自動車の減配についても書いてたんだが、まだ編集中なのに2000字ほどいくボリュームになったので、別記事に分割する事にした

 

 

今週の気になったワード一覧 

SBドライブ

フェデレーション ラーニング

 

 

最近響いた言葉

UberのCEOの言葉

「工場の稼働率が10%以下の企業は終わっている。車の稼働率も10%以下しかない。」

今や、カーシェアリング業界という新しい業界を生み出したUber。その企業を作った人の言葉には、納得せざるを得ない。

 

この言葉を聞いて自分が思ったのは、稼働率が低いものに対してはシェアリングといったようなビジネスモデルや、ローエンド代替品といったようなビジネスモデルが大きなシナジーが働くと思った。

 

例えば、プリンター。これに関しては、コンビニでシェアリングされている。

 

他にも、シュレッダー。これに関しては、もともと「刻みのり作成用」としてマーケティングしたはさみがあるのだが、これをシュレッダー用として販売したところ、バカ売れしたそうだ。

www.mag2.com

 

客の滞在時間が長い飲食店のレジとかもこれに当たると思う。(マクドとかは除く)

レジはシェアリングではないが、「スマレジ」という会社が上場できるぐらい、レジの代替品は普及している。

 

メルカリが流行ったのも、稼働率と関係していると思う。

メルカリは、フリーマーケットスマホ版だが、自分では稼働率0%のものを稼働率50%ぐらいの人に渡すシステムとも考えられる。(若干こじつけだが...。)

 

なので、最近は稼動率の低いものを探す事にハマってる

 

  

平成の投資を振り返る『今までの失敗』

今週の更新〜

最近、また忙しくなってきたので、6月中旬までブログ更新の頻度を下げる予定。

 

4月下旬: GWと以前出していた論文修正

5月上旬: GWと5月中旬の学会に向け資料作成

5月中旬: 学会発表とその報告書作成

5月下旬〜6月中旬: 次の国際学会に出す論文執筆

それ以降: 全銘柄アナログスクリーニングの続き


今日は平成最後の日という事で、平成最後のブログ更新。

次の令和で平成の二の舞を起こさないように平成の投資を振り返って失敗した事を書き残す。

これを読んでいる人からしたら成功事例を書いてもしょうもないだろうし、特に自分は、昔から失敗経験を糧にフィードバックを得て成長してきたので、この更新を今後の自分への戒めとする。

 

ちなみに、自分の人生で一番最初に経験した大きな失敗経験としては、高校入試の推薦入試。

高校入試の推薦入試では、地元学区内で最難関と言われている学校の特別なコースを受験した。

当時の自分は、中学校内のテストで常にトップクラス。通っていた塾ではそのコースへの合格者が定員の過半数かつ、そのコースを目指しているクラス内でも10位以内の成績だったので余裕ぶって最後の1ヶ月ほどだれてしまっていた。

また、当日雪が降るほど寒かったのでカイロを6枚ほど仕込んでいた。

 

この2つの事項が重なり、試験当日では実力を発揮せぬまま落ちてしまった。

 

まず、最後の方勉強がだれていたので試験当日の初見問題に対する対応力が低下していた。

教室は思ったより暖かくカイロを貼りすぎたせいで頭がボーっとして数学の時間10分ほどを無駄にし、時間が足りず残りの問題の回答も中途半端になった。

 

 

この事から以下の2点のフィードバックを得た。

大事なイベント(受験・大会等)がある時は、本番がピークになるようにパフォーマンス、コンディションのみならず、気持ちも制御する事が大事である。

 

本番当日のあらゆるシミュレーションを行う事が大事である。

 

受かると思っていた受験に落ちた悔しさは言いようがないほど悔しかったのを覚えている。また、本番に結果を出さなければそこまでの努力は全て無駄になるという事を身をもって体験した。

 

ちなみに今は、そこからコストパフォーマンスの最大化を追求する人間かつ結果主義者になったので、この経験は非常に役に立っていると思う。

 


今週の個人的気になったニュース一覧

ヤフー改名するってよ

japan.cnet.com

 

LINE、赤字だってよ

www.sankei.com

 

日本はやっぱりアメリカの属国

www.asahi.com

 

アリババ × 資生堂

toyokeizai.net

 

孫さん

www.sankei.com

 

茶番か笑?

headlines.yahoo.co.jp

 

俺のイメージしてる将来に近づいてきた

www.yomiuri.co.jp

 

銀行またか〜

r.nikkei.com

 

銀行がフィンテックを恐れている事が如実に出るようなニュースって、ある意味暗号通貨から見るとプラスの要因ではあるな。

日本を代表するメガバンクがこれほどまでに人員を削減すると言う事は、日本を代表する企業に勤めている中でも上役の人たちが、フィンテックを恐れていると言うことに言い換える事ができるはず。つまり、メガバンクの上役の人たちはそれほどまでにフィンテクックが台頭してくる未来を見ていると考える事が出来るのではないだろうか。

あくまで自論だが...。

 

今週の気になったワード一覧

エバーレーン、オンラインSPA 

ファストリが恐れる米アパレル「エバーレーン」:日経ビジネス電子版

 

企業決算続々

大企業で特に気になったのは、日産は、決算ヤバくてドボン。

ファナックは割とファ○ックな決算に見えたが全然下がってなかった。 

 

今までの投資歴

そもそも投資いつ始めたか

 

投資歴は勉強期間も含めると、大学2回生の前期からだから多分ちょうど4年ぐらいだと思う。

 

 

投資スタイル

イベント投資

最初2年ほどは、FXでイベント投資(投機寄り)を行なっていた。市場のボラティリティが大きい日に相場の波に乗っていく(飲まれていく)投資を行っていた。

超短期投資。

投資を始めてから一番最初に経験した大きなイベントは、2016/06/23の「Brexit

 

不祥事は買い投資

最初から現在まで続けている手法。

企業の不祥事による暴落からのリバ狙いでキャピタルゲインを狙っている。

短期〜中期のスキャルピング。ちなみに、この手法の稼ぎが一番大きい。

昔の更新で書いたことあると思うが、この手法で「買い」だったのが「マクドナルド」

 

高配当投資

2年ぐらい前からは、社会人になった時の投資手法も勉強しておく必要があることを悟り、インカムメインの投資も行なっていこうと考え勉強を始めた。

これが失敗の原因となった一つでもある事例につながる。

 

高配当×バリュー投資(インカム投資の一種)

これに関しては、1.5年ほど前から勉強している。

このタイプの銘柄の主な戦略は、高配当銘柄を買い、その配当によって再投資を行い、株数を増やしていく複利投資手法。さらに、高配当株のデメリットである株売却時の株価減少による利益の低下を防ぐために、高配当の中でも、株価が下がりにくいと考えられるバリュー株を選択する。

高配当投資で失敗した経験から、買値から下がりにくい高配当が欲しいと考えていたことからこの手法に行き着いた。

高配当×バリュー株を選択する初期の勉強コストは大きかった。しかし、高配当株、バリュー株どちらかの条件の銘柄は多いが、両方の条件に引っかかる銘柄が比較的少ないので逆に管理が簡単な手法であり、社会人になった時の手法に向いていると考えた。

長期投資なので、まだ儲かってはない。というか、まだ銘柄が決まっていない。しかし、今後の収益の柱の一つとなる銘柄を選択するつもりだ。

 

最近は、具体的な銘柄も言えるようになった(と思う)。

「平安レイ」とかが、このタイプの銘柄に属すると思う。

 

成長株投資

半年前ほどから、今も勉強しているのがこれだ。

ドリーム株を掴むための投資法。ダブルバガー銘柄を手に入れるため、今まで別の投資法や、大学院の授業で学習してきた、「業績面から見た評価」、「資産面から見た評価」、「ビジネスモデルから見た評価」、「市場動向から見た評価」、「組織力から見た評価」、「株式市場から見た評価」。

これら全てを複合的に考慮して将来性を考察し、銘柄を選択するいわば、「投資の王道」

これは、まだ勉強中なので売買はしてない。知らず知らずのうちに今まで買った銘柄であるかも。

 

今までの投資における失敗

1. FXにおける失敗

これは、Brexitの日の午後の失敗談。状況としては、日本時間の午前には、イギリスは、ほぼEU離脱が若干優勢で、午後になるとほぼEU離脱が確定した状況だった。

よくよく考えたら、午前でポンド/円は、その日まで2ヶ月ぐらいで-10%、Brexitの日の前半で、-15%程の大暴落を起こしていたので、今普通に考えたら不安感の払拭リバでポンドが買われるはずなのに、離脱が確定してからも売りポジションを新規で入れた事が失敗した。その後、ポンド円は、みるみる上昇していった。

2時間で投資用資金の22%溶かしたのを覚えているwwwww

 

2. FXにおける失敗

投資スタイルのところでも買いたが、高配当投資で一度やらかしている。

具体的には、トルコリラ/円の高配当スワップ投資でやらかしている。

もともと、高インフレ通貨は、値下がりしていくのが常であるという事は知っていたが、トルコリラ安による時価低減をスワップ金利による収益で打ち消しつつ、安くなったトルコリラを同じ金額でさらに大きい枚数で買い、雪だるま式に増やしていく算段だったのだが、途中で大きなミスに気づいた。

 

あれ、政策金利変わってないのにスワップ減ってるくね?

政策金利は変わっていないはずなのに、おかしい。

何かがおかしいと思って調べてみると、スワップ金利の金額は、為替レートの相乗効果を受けるという事が判明した。

 

どういう事かというと、まず、トルコと日本の金利差が10%あるとし、自分は、1000トルコリラを持っているとする。すると、1日ごとに100リラのスワップがつく。

 

トルコリラのレートが1リラ/25円である時、それを日本円に変換されるので、2500円スワップがつく。

 

また、別の日のレートで、1リラ/20円の5円の円高状態になったとする。政策金利は変わっていないので、100リラのスワップがつく。しかし、これを日本円に変換した時2000円スワップがつく。

この原理に気づいた時、この投資手法は失敗であると気づいた。その後、すぐに売却したwww

 

この投資手法、誰かのブログで見たとかでもなく、自分で考えついた手法だったから、当時は自分天才やとか思ってたけど、投資対象に関する全てのリスクを管理しきれていない無能だったwww

 

3. 暗号通貨による失敗。

これは、暗号通貨がバブルから弾けた時に新規注文を追加したことと、コインチェックXEM流出→口座凍結事件のことだ。

 

自分、実はビットコインの取引を1ビットコインが6万円台の時からしていた。当時、オリンピック関連銘柄をあさっており、沖電気工業とかが上がるかなぁって思って探してるついでに見かけたのがビットコインだった。たまたま、その半月ほど前にサトシ・ナカモトの話をテレビで見たので気になって調べたら、自分の専攻である情報系の技術の中に「こんな技術があるのか!」と、すごく衝撃を受けたことを覚えている。

 

当時は、bitFlyerで取引していたんだが、友人に教えられたコインチェックのUIが好きすぎてコインチェックに乗り換えた。

 

この失敗談には2つの失敗が含まれている。まず1つは、暗号通貨は株で言ったら成長株のようなもので、熱狂的な価格水準までいた。

最近の例で見ると、ZOZOのような成長株みたく一旦下落したら、妥当な値まで戻るまでかなりの値下げを食らうという成長株投資の基本に当てはめる事が出来なかった事で、新規で入れた注文でかなりの損失を食らった。

 

2つ目は、コインチェックが正しいセキュリティ対策を行っておらず、XEMが流出し、口座凍結を食らった事だ。

この凍結事件の間に暗号通貨投資用資金全体から見ると-30%程の下落を受けた。まぁ、暗号通貨トータルではかなり儲けさせてもらったからええんやが...。結構最近の事件だから、投資元本も前2つよりも大きい時にした失敗なので、損失額はダントツでデカかった...。

苦い思い出になったわw。それはそうと最近、暗号通貨また上がってきてるねw

 

失敗経験から学んだこと

1.期待で買って事実で売る

失敗1は逆の期待で売って事実で買うだったけど、まさにこれですよ。

今後は、これを意識していきます。

 

2. 高金利通貨はインフレ率に注意

金利通貨で失敗しましたが、自分の投資の仕方、タイミングがクソだっただけで、決して高金利通貨がクソなわけではないと思う。例えば、オーストラリアドルなら、金利はそこそこ高く、トルコほど、インフレ率も高くないと思われる。まぁ、多分もうやらんけどwww

 

3. 落ちてきたナイフは本当に買いなのかを判断する

落ちてきたナイフを掴むなという投資の名言があるが、まさにその通りであると感じた。

最近は、落ちてきたナイフではなく落ちているナイフを拾う練習をしているから頑張るでな。

 

次に失敗しそうな事

大学院を文系と理系のハイブリッドな研究科にしたので、経営系や財務系などの個別企業の知識は、ある程度の知識が入った。もし今後知らない事が出てきても勉強の仕方がわかるので対応可能である。

おそらく、次失敗するとしたら、知識量が少ない経済系から生じる失敗だと思われる。

経済系も勉強していきたいんやがなぁ...。どうやってやっていこうか...。

将来的には、外国株とかもやっていくつもりやから絶対避けては通れない道なんだが...。

同じ大学の経済学部行った友達に聞いてみるかぁ。

 

あと、今後は出来るだけ株の売買記録を事後報告ではなく事前報告にしようと考えている。

購入検討銘柄と自分の考察と何円ぐらいで買いたいかを買いていきたい。自分で書いた更新を見れば、自分の意見を客観的に、批判的に見れるからいいと思う。そこで、考え直して後でやめとこうとかも変えられるかもしれないし。

 

これは、ぜひ実行していきたい。

 

銘柄研究 【2424】〜【3396】ファンダメンタルズ分析

今週の更新〜

 

 

今週の個人的気になったニュース一覧

猿の惑星???

https://www.cnn.co.jp/fringe/35135707.html

 

串カツ田中伸びてる

s.kabutan.jp

 

3Dプリンタの進化

3Dプリンターで心臓製作に成功 血管の再現は世界初:朝日新聞デジタル

3Dプリンタは、産業革命になる可能性があるという話を聞いた事がある。

 

淡路島新たなアトラクション(行きたい)

www.asahi.com

 

日本電産オムロンオートモーティブエレクトロニクス買収 

eetimes.jp

 

米・ヘルスケア関連

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-04-18/PQ6GPD6K50XU01?utm_source=twitter&utm_content=japan&cmpid%3D=socialflow-twitter-japan&utm_campaign=socialflow-organic&utm_medium=social

 

今週の気になったワード一覧 

ポジポジ病

コスモス薬品、有価証券

ロイヤリティーマーケティング三菱商事

串カツ田中

 

財務面が良好な企業

当方理系で、財務のプロではなく、なんとなくでしか見れないので、財務的にどのあたりが気になったかを思いつく限り挙げていく。

 

分析対象企業

証券コード【2424】〜【3396】の424社 (日本の上場企業の中の1/9程度)

 

財務面が良好かつ割安な銘柄

ここでいう、財務面が良好というのは、毎年の売り上げや利益が増収増益とまではいってないが、安定したキャッシュフロー、安定した配当還元を行なっている会社という意味で財務が良好とした。アナログスクリーニングで確認。

 

2461 ファンコミ

2481 タウンニュース

2487 CDG

2753 あみやき

2760 東京エレクトロンデバイス(親会社の東京エレクトロンの財務がよいので掲載)

2773 ミューチュアル

2883 大冷

2902 太陽化学

3183 ウイン・パートナーズ

3194 キリンHD

3201 ニッケ

3316 東日コンシス

3376 オンリー

3395 サンマルクHD

 

以上が、今回のアナログチェックで見つけた銘柄

昨日、もう一度チェックしたら銘柄が増えすぎて困ったので、以前のスクリーニング結果をあげる。

 

 

銘柄研究 【2301】学情 【2341】 アルバイトタイムス

今週の更新〜

毎週書いていくのって思った以上にネタがなくて困るw

(やりたいことはたくさんあるが、時間と実力が足りず、出来ることから探しているので意外とブログに書くネタが制限される。)

今週は、以前の四季報アナログスクリーニングで気になった「学情」「アルバイトタイムス

学情といえば、youtubeで時々出てくる「Re就活」の広告でおなじみの会社。

さぞ儲かってるんでしょうな。

 

以前のアナログスクリーニング結果

seiyafield.hateblo.jp

 

  

今週の個人的気になったニュース一覧

ネタよなw? 

biz-journal.jp

 

5G関連

r.nikkei.com

 

tech.nikkeibp.co.jp

 

www.sankei.com

 

アマゾン強気

japan.cnet.com

 

Uberついに上場か

tech.nikkeibp.co.jp

 

ローソン、減益、減配

s.kabutan.jp

 

これ、個人的にはかなり大きなニュース。(よくない方で...。)

自分は、三菱商事株のホルダーなんだが、ローソンは、三菱商事の子会社なので三菱商事に全く影響がないとはいえないだろう。減益に関してはアレだが、減配に関しては商事に無関係なはずないので残念。

どっちにしろ、ローソンの株価かなり下がってたので、三菱商事グループとして考えると、三菱商事のローソン株保有数は、5015万株。1日で下がった株価が730円。時価で言うと約366億円ほど時価総額が下がったと見れるのではなかろうか。(この辺の知識薄いのであってるかわからんが。)

三菱商事...。投資先が大抵ダメになる事が多い。日本KFC然り...。この辺だけはマジでどうにかしてほしい...。

やはり、追加資金が貯まってきたら伊藤忠商事も組み入れたいところだ!

 

ローソンチャート

f:id:seiyafield:20190414012012p:plain

すんげえ急落www

 

今週の気になったワード一覧

バリュー平均法

サブスクリプションビジネス

 

学情

事業内容 

f:id:seiyafield:20190413001857p:plain

会社説明会より引用(これって著作権大丈夫なのか...)

・新卒採用関連:

 

合説「就職博」、就職情報誌、朝学なび

採用アウトソーシング 

 

中途採用関連: 

Re就活

 

まぁ、B2Cでわかりやすいからこの辺はさらっと。

 

Re就活だけでなく、思った以上に他の分野も伸びている。

 

投資指標

予想PER

13.77倍

予想EPS

88.6

実績PBR

1.78倍

実績BPS

685.22

予想配当利

3.03%

予想1株配当

37

 

簡易財務チェック 

【財務】<単18.10>   百万円
総資産 11,372
自己資本 10,114
自己資本比率 88.9%
資本金 1,500
利益剰余金 6,176
   

有利子負債

0

 

自己資本比率88.9%

有利子負債 0

優秀。

 

売り上げ推移(単位:100万円)

f:id:seiyafield:20190413131906p:plain

増収増益。よき。

 

f:id:seiyafield:20190413131928p:plain

常に20%以上。優秀。

 

セグメント毎の売り上げ推移(単位:億円)

f:id:seiyafield:20190413132904p:plain

伸びが大きいのは、Re就活と人材紹介だが、規模を考えると、Re就活の今後が学情の今後に大きく影響する事が見て取れる。

 

懸念点

以上のデータからやはり、今後の収益力は「Re就活」の動向がかなり重要になるだろう。

ちなみに、学情使った事ないんやが、口コミを見てみた。

 

学情のRe就活の口コミ

kami-ten.com

 

kisotsu-navi.com

 

求人数が多くないらしく、また、学情自体を否定的に捉えている人もいるそうだ。

転職ならdodaらしい...。 

 

長期目線で見るなら、顧客の満足度はかなり重要なファクターとなるので収益力、財務は強力な会社であると思われるが、今後の改善に期待。

逆に言うなら、学情はそこまで市場の期待値は高くないので、逆張りで俺はこの会社にかけるぞとかならいいと思う。

満足度がよくなってからでも、上昇の波には乗れると思うので今の所は放置かなぁ。

20代の転職に特化しているみたいなので、その辺に関しては、戦略的に特化しているのですごく好感が持てる。

 

もうちょっとしたら中間決算が出るし、10連休を控えているので、今のところは保留で。とりあえず、ウォッチリストに入れよう。

 

アルバイトタイムス

今回の分析は学情がメインなのでアルバイトタイムスは、さらっと説明。

googleアルバイトタイムスって打ったら、ブラックって続いて出てきたんやが...w

大丈夫なんかw

 

事業内容

 

無料求人雑誌「DOMO」

無料求人サイト「DOMO NET」

求人情報サイト「JOB」

 

静岡周辺に特化した求人企業だった。何か特別なことはしていないと思われる。

投資指標

予想PER

12.63倍

予想EPS

15.2

実績PBR

1.04倍

実績BPS

183.83

予想配当利

3.65%

予想1株配当

7

 

簡易財務チェック

 

【財務】<連18.11>   百万円
総資産 5,752
自己資本 4,980
自己資本比率 86.6%
資本金 455
利益剰余金 5,060
   

有利子負債

0

 

自己資本比率86.6%

有利子負債 0

優秀。

 

売り上げ推移(単位:100万円)

f:id:seiyafield:20190413134358p:plain


増収減益...。ん〜。

 

f:id:seiyafield:20190413134657p:plain

まぁ、増収減益ってことは、当然利益率も下がってるよなぁ...。

悪い数字ではないが、学情と比較すると見劣り。

 

バリュー面から見た評価

バリュー投資家ではないので、この辺の判断はしっかり出来ないが、一つだけ気になったことがあったので今後のために記載。

この会社、BSを見ると現金同等物がかなり多いことに気づいた。

さらに、2019/4/11に出た決算速報を用いて、一株あたり現金同等物を計算すると、

4,371(百万円) / 32.237(百万株) = 135.59(円/株)であった。

有利子負債がないため、今回は、一株あたり現金同等物の金額をそのまま利用する。

 

対して、2019/4/12の株価(終値)は、192円であった。

つまり、市場は、この会社が持っている現金の約1.5倍の価値しかつけていないということになる。

これは、そこそこ割安な部類に入るのではなかろうか。

もし、株価が135円をわることがあれば、売り勢は今後赤字になることを見越して、現金が減ることを想定し、売っている可能性がある。

しかし、減益でも赤字にならなさそうな水準ならバリュー株となるので、下値が制限される割安株になる可能性がある。そのため、会計時期ごとに見ていきたい銘柄(2月決算:会計結果は4月ごろ?)として今後扱っていこうと思う。

 

銘柄研究 【2391】プラネット

今週の更新〜

今週は、先週の記事で公開した財務が優良かつ割高(簿価におけるPER, PBRが)な企業のうち、プラネットという気になった企業があったので、その企業を調べてみる。

 

 

今週の気になったワード一覧

全体主義

バーナム効果

バフェット指数・割高 

 

今週の個人的気になったニュース一覧

花粉情報

medistor.net

 

楽天とリフト

t.co

 

BTC上昇

www.nikkei.com

 

www.bloomberg.co.jp

 

ブルネイ=ガチホモ撲滅教教祖国

www.cnn.co.jp

 

ソニー・格付け

jp.reuters.com

 

セブイレ人事動向

www3.nhk.or.jp

 

銘柄研究【2391】プラネット

会社トップURL:株式会社プラネット

 

この会社の何が気になったかというと、株主がとても気になる会社ばかりであったことだ。

ライオン

ユニ・チャーム

資生堂

サンスター

ジョンソン

日本製紙クレシア

エステー

等の名だたる生活用品企業が株主としていたからだ。(花王は、IT化が進んでいる企業の代表だったので、最初は利用していなかったそう。)

逆に、プラネットがこのような会社の株を買っている可能性も高いので、調べてみようと思った。

 

事業内容

EDI事業:日用品メーカーと卸業の仲介として、データをやり取りするプラットフォームを提供する事業。

・日用品メーカーと卸業の取引を効率化する。

・取引発注書などの標準化

 

EDIの注意点

・EDIの取引に使う回線が、固定電話回線で、NTTが2020年に固定電話回線のサービスを廃止していくそうなので、新体制が求められている。

 

データベース事業:

・すでに出ていると商品コードなどが被ってしまうと問題になるので、そうゆうことが発生しないためのデータベース管理。

 

有価証券から引っ張ってきた

f:id:seiyafield:20190406132229p:plain

通信取引自体は、インテックという会社のサービスを使ってるのか。

インテックは、TIS【3626】の完全子会社だったので、そちらも調べたいところ。

 

ビジネスモデルは、プラットフォームビジネスだと思われる。

プラットフォームビジネスの代表例は、AppStoreのような、たくさんのアプリ開発者とアプリユーザーを仲介するプラットフォームを作ることで、参加者が多くなればなるほど収益が大きくなるビジネス。

日本でゆうと、任天堂とかもこれに当たるかな。

「ビジネスモデル」はイノベーションの源か?~任天堂が作りアップルが再発明した世界ワン・プラットフォーム | 三谷流構造的やわらか発想法 | ダイヤモンド・オンライン

 

事業毎の売り上げ推移

f:id:seiyafield:20190406123123p:plain

引用:https://www.planet-van.co.jp/ir/strongpoint_02.html

 

ほとんどEDI。順調に伸びてる。素人なので、飲食店とかと違いどこが上限がいまいちわからないのが難点。

データベースは、このグラフでは伸びてるのか伸びてないのかよくわからない...。(多分、そんなに伸びてない。)

 

持ち株

一番気になっていた項目。プラネットの持ち株は...。

 

アイスタイル 56万株

 

こんだけかい!!

正直、もうちょっといっぱい持ってると思ってた。ユニ・チャームとか。ライオンとか。

アイスタイルって会社も、かなり成長している会社で株価は割高水準(PER,PBR的に)なので、いいかもしれない。

 

売り上げと経常利益率推移

営業利益率にしようと思ってたけど、PLに経常利益しか載ってなかったので経常利益率で。

f:id:seiyafield:20190406214722p:plain



ここ6年、常に20%以上。優秀。

 

キャッシュフローの推移

f:id:seiyafield:20190406211046p:plain

 

最近FCFがマイナス気味なのが気になるが、営業CFは依然として余裕のある数字なのでよき。

営業キャッシュフローマージン

f:id:seiyafield:20190406211154p:plain

基本20%以上。よきよき

 

主な株価指標

予想PER

28.83倍

予想EPS

63.3

実績PBR

2.82倍

実績BPS

647.27

予想配当利

2.22%

予想1株配当

40.5

 

財務】<単19.1>   百万円
総資産 5,139
自己資本 4,292
自己資本比率 83.5%
資本金 436
利益剰余金 3,262
   

有利子負債

0

 

自己資本比率の高さと有利子負債0

財務初心者が見ても好財務なことがわかる。

 

一株あたり流動資産

2,293,396(千円) / 6,632(千株) = 345.8(円/株)

 

配当推移

f:id:seiyafield:20190406210935p:plain

 

一応、毎年増配してるみたい。(微増)

配当性向は、50~60%と自分的には、一番好きなぐらいの数字。

 

自分へのメモ

有価証券をもっと遡ってみたかったが、なぜか3年以上前のpdfは全て白紙になっていたのでみることができなかった。また今度もう一回見てみたいと思う。

 

割高と買いてあったが、いかほどの値段になれば買いたいかというと、状況にもよるが、1,300(円/株)ほどで買ってみたいかなぁと思われる銘柄。

おそらく、事業内容と顧客の性質上ディフェンシブ銘柄に当たるので市場全体が下げるのを待つ感じかなぁ。 

経常利益率を見る限り、稼げるビジネスだと思うので、今後もなくなることはないだろう。何しろ生活必需品セクターのデータを取り扱っているので、安定性は抜群だと思う。

 

結論:株価バーゲンセール中に買う

 

銘柄研究 【1301】〜【2418】ファンダメンタルズ分析

今週の更新〜

今週は、四季報の【1301】〜【2418】の中で気になった企業をピックアップしていく。

以前購入した四季報がまだ全て読み終わっていないが、次のやつが発売され、さらに、その次のものも発売されてしまうので、そろそろ無理してでも読み切ろうと考え、この記事を書くに至った。

個人的に財務面が良好かつ割安だと思った銘柄をピックアップしていく。

 

 

今週の個人的気になったニュース一覧 

ヴ表記がなくなる?

www3.nhk.or.jp

 

ウーバー財務

r.nikkei.com

 

米・北朝鮮ニュース

www.yomiuri.co.jp

 

ソニー社長退任

jp.reuters.com

 

ソニースマホ事業・リストラ

smhn.info

 

富士通・リストラ・45歳以上

45歳以上...??? 能力評価ではなく?

wirelesswire.jp

 

フランチャイズドミナント戦略、実態

headlines.yahoo.co.jp

 

Googleゲーム市場参入

boxil.jp

 

今週の気になったワード一覧

GAFA台頭

新日本科学、潰れないの?

岡部優待

桧屋HD

セブイレ100円ビール(こんなのあった?)

https://kenchopi-note.com/invest/kabu/brand/seven-eleven-100#6465

 

財務面が良好な企業

当方理系で、財務のプロではなく、なんとなくでしか見れないので、財務的にどのあたりが気になったかを思いつく限り挙げていく。

 

分析対象企業

証券コード【1301】〜【2418】の348社 (日本の上場企業の中の1/9程度)

 

財務面が良好かつ割高な銘柄

この銘柄が一番見つけやすいタイプ。なぜなら、割高ということは人気があると=投資家or一般人に対しても有名な企業が多いから。 

しかし、割安かどうかを確認してから財務が良好かどうかを見ているので、見落としてる可能性がある。

 

2154 トラスト・テック

2391 プラネット

 

財務面が良好かつ割安な銘柄

ここでいう、財務面が良好というのは、毎年の売り上げや利益が増収増益とまではいってないが、安定したキャッシュフロー、安定した配当還元を行なっている会社という意味で財務が良好とした。

 

2117 日新製糖

2136 ヒップ

2294 柿安本店

2301 学情

2311 ニプコ

2325 NJS

2341 アルバイトタイムズ

2344 平安レイサービス

2379 ディップ 

2393 日本ケアサプライ

2410 キャリアDC

 

この中では、個人的に2344 平安レイサービスが気になった。

平安レイは、ご存知の方も多い葬儀屋事業を柱とする会社。

超長期で見ると、日本人の人口が減っていく=死んでいく人も減っていく、の式が成り立ってしまうので、あまり良くない可能性もあるが、株価というのは実状よりも先行して、過剰に反応するものなので、時期早々に大幅に下がり過ぎたら買ってもいいかもしれない銘柄。

 

全銘柄のアナログスクリーニングが終わってから以降、これらの銘柄の中から良さげな会社を探していきたい。

 

ディフェンシブ銘柄への投資を考える

今週の更新〜

これ、50個目の投稿だった。

とりあえず、次は社会人なるまでに、100個を目指して投稿やな

 

 

今週の個人的気になったニュース一覧

 オリックスIR参入

www.nikkei.com

 

コインチェックXEM流出

www.news24.jp

 

サーバーワークスIPO

www.stockclip.net

 

暗号通貨流出18歳書類送検

18歳で...。天才かよ...。

mobile.twitter.com

 

セブン&アイ最高益更新

r.nikkei.com

 

米・長期金利短期金利が逆転

どうゆう現象や

向こう3年でインフレが進むが、向こう10年でみるとインフレが止まる?ということか?

改めて、この辺の知識に弱いのを実感する。勉強せねば

r.nikkei.com

 

スクリーン社長交代

r.nikkei.com

 

ソニー・イメージセンサの将来

tech.nikkeibp.co.jp

 

ZOZOの展望

昨年から何かと世間を騒がせたZOZO(旧:スタートトゥデイ)、最近めちゃくちゃ株価下げてるけど、IRみるとROE50以上。収益率が異常。確か、自己資本が少ないので財務レバレッジは高いがそれにしてもである。

ZOZOの今までの株価上昇は、普通にEPSが上がっていたことによる株価上昇と見受けられる。

 

EPSと株価の関係

seiyafield.hateblo.jp

 

今の下げは、ZOZOスーツの失敗による下げと、以前、前沢社長が月旅行を話していた「月旅行」ちなみに、一人当たり100億円らしい。

前沢社長の保有株数が118,226,600株だそう。一株当たり、2,026円 (2019/03/28/時点時価)なのでZOZO株のみでは、2,390億円ぐらいの資産になる。

以下記事によると、保有株の大量売却で月旅行費用を賄うそうなので、株価を意図的に下げさせると、売却必要株数が増加するので、株価を下げることが、株価を下げさせる材料になる。

 

news.livedoor.com

 

tech.nikkeibp.co.jp

 

ZOZOのIR概要

f:id:seiyafield:20190328122151p:plain

 

 

今週の気になったワード一覧

公益事業

 

ディフェンシブ銘柄への投資

最近、マクロ経済的に景気後退が予測されているニュースが多いので、景気敏感株は、手じまいし、一旦、ディフェンシブ銘柄等に資金を移す予定。

 

最近の日経平均

f:id:seiyafield:20190323124448p:plain

 

最近のダウとドル/円相場 

ダウも日経平均も高値更新が出来ず微妙な空気が流れてる感じがある。ここ数日で一気に対米ドルで2円ほどの円高が進んだ。

相場的には今は、いろいろな不安になりそうな材料が多いので、一つ不安が解消されてもあまり上昇は見込めないかなぁ...。という感じ。

 

f:id:seiyafield:20190323104915p:plain

 

こうゆう時は、景気敏感銘柄を手仕舞いしてディフェンシブ銘柄に投資をしようと考えた。また、為替がもう少し円高になったら外国株にも突っ込むのも良いと考え始めたので、今後はそこも検討する。

為替トレード(FX)も政治的なイベントがある時にやってたので、その辺の総合的な知識も利用できると思われる。今までいろいろ手を出していたおかげで、新しいものに対しても、ある程度の周辺知識のおかげで障壁が低くなっている。

 

景気敏感銘柄

景気敏感銘柄とは、その名の通り、時価総額(株価)が景気に敏感に反応する銘柄。この銘柄は、割と買うタイミングで損益が変わると言っても過言ではない銘柄。今から買うのはハイリスクな印象がある。

業種としては、自動車、およびそれらの原材料となる鉄鋼、工作機械、化学。紙パルプ、繊維、外食、百貨店、娯楽、資源関連商社、(景気悪くなると企業の新規投資も少なくなるイメージがあるから金融もかな?)

 

 

景気敏感株 | 金融・証券用語解説集 | 大和証券

 

https://www.sigmabase.co.jp/correspondence/sample/FI.pdf#search=%27景気敏感株+業種%27

 

この辺の銘柄は、一旦現金に変えてしまいたい欲が現在強まっている。

現在の持ち株でいうと、日産自動車三菱商事どちらとも景気敏感株である。

 

ディフェンシブ銘柄

一方でディフェンシブ銘柄とは、食料、医薬品、電力・ガス、鉄道、通信、生理用品、日用雑貨関連の銘柄がこれにあたる。

 

ディフェンシブ銘柄 | 金融・証券用語解説集 | 大和証券

 

ディフェンシブ銘柄は、比較的景気の変動を受けづらいという、景気後退期の中では有利な側面を持っている銘柄である。

景気変動の影響を受けにくいという観点から、依存系ビジネスもディフェンシブに当たると考えている。

例えば、タバコを販売するJT
機械導入以外でも試薬を売るシスメックス
プリンタのインクを販売するキヤノン
酒を販売するアサヒ、キリン
一度使ってしまうと抜け出せなさそうなNetflix

これらの銘柄も、上にあげた業界以外には含まれていないが、一度利用してしまうと依存性をもつ製品を販売しているので、景気変動の影響を受けづらいと考えている。

 

景気後退時は、ディフェンシブ銘柄に資金を移すという流れが起きれば、むしろ株価上昇へと繋がる可能性もなくはないと思われる。

しかし、ディフェンシブ銘柄の中でも色々と内情がある。

 

例えば、タバコを販売するJT

最近のタバコに対する向かい風がすごい。カナダでは、訴訟が起こっている。

日本では、たばこ税が大幅に増加している。しかし、JT新興国でのタバコ会社の買収を積極的に行っており、新興国で最初にはやる嗜好品がタバコだとか何だとか。

というより、タバコに関する向かい風は今に始まった事ではないので、シーゲル流の投資を行うならいいかもしれない。

タバコ関連に投資するなら、加熱式タバコ:IQOSや電子タバコを売っているフィリップモリスや、ブリテッィシュ・アメリカン・タバコとかでもいいかもしれない。

しかし、非常に判断が難しい銘柄だと思う。海外売上比率とかも見てみて、現状を近いうちに分析したい企業の一つ。

 

引用:JT:カナダで約1480億円賠償命令、控訴審でー喫煙の健康被害巡り - Bloomberg  

たばこ税の推移をグラフ化してみる(最新) - ガベージニュース

 

通信会社に関しても判断が難しいと思われる。
これもだいぶ前から言われてると思うけど、適当に通信キャリア会社から将来性の高い事業を持っていて、かつ
個人的には、自動運転に確実に通信が使われたり、今後通信のバックボーン技術が使われなくなることは確実にありえないので、通信のバックボーン技術を持っているNTT等の分析も行なっていきたい。

 

引用:用語解説辞典|【公式】NTTPC

 

食料に関しては、近年のエンゲル係数の増加によりむしろ上昇基調にあると思われる。

エンゲル係数が上がっている背景として、食料の事態の値段の高騰、女性の社会進出による惣菜の利用増加、そもそも食費を含む家計支出額の増加が背景にあるという。
確かに、食料品関係の企業に就職した友人が惣菜が売れすぎて工場の人手が足りず、デスクワーカーも駆り出されると言っていたぐらいやしなぁ。

 

引用:上がり続ける「エンゲル係数」、その背景にある家計への影響について

 

各業種の時価総額(株価)減少率ランキング

ここ1年間の業種別株価増減率を見てみると、以下のようになる。

上から、1年間の株価の減少率順で並んでいる。

f:id:seiyafield:20190323130148p:plain

引用元:東証 業種別株価指数 リアルタイム

 

減少率1位は海運。オワコンとよく言われているやつ。

めちゃめちゃ空気読んでくれて、この記事の内容に則した結果になってる。

減少率7位に機械、8位に銀行業、9位に繊維製品、10位に電気機器、続いて、鉄鋼、ガラス・土石製品、その他金融業、輸送用器械が時価総額(株価)10%以上の減少となっている。

それに対し、医薬品、情報・通信、電気・ガス業は下落率ランキングがかなり下位の方にいる。(むしろ、医薬品以外は株価上昇。)

 

今後は、(少なくとも今後1年間)しばらくの間、資金をこのようなディフェンシブ銘柄に突っ込もうかなと考えている。

以前ポートフォリオ案で出していた高配当銘柄の候補として、方針が決まってきたのでその方針を挙げておくと、「ダウの犬投資法」の日本版かつ、ディフェンシブかつ、財務面で優良かつ、割安であること。を重視して銘柄を絞っていきたい。

 

株式投資を始めたきっかけ

そういえば、ずっと株始めたきっかけを言ってなかった気がしたので

今週は株始めたきっかけを。

他に株やってる人の株始めたきっかけもいつか聞いてみたい。

 

 

今週の個人的気になったニュース

メーカー賃上げ抑制。ですよね感ある。

www.nikkei.com

 

オムロン日経225に採用。

jp.mobile.reuters.com

 

日立製作所、日立化成売却。

chu-sotu.net

 

コベルコ、不祥事判決

www.nikkei.com

 

このニュース、イベント投資家としては、非常に気になるニュースではあった。「不祥事は買い」とよく言われるが、コベルコに関しては、買うことはなかった。理由のうちの一つは、日本の製鉄業界は、品質をウリにしているが、それを正面から、全否定するニュースだったから。

じゃあ、なぜマクドは、「不祥事は買い」を行ったかというと、マクドが売ってるものは「商品」ではなく、マクドが提供する「空間」を売っていると判断したから。これに関しては、また別の機会に詳しく説明したい。

 

KDDI、IoT

tech.nikkeibp.co.jp

 

KDDIは、過去にIoT機器用simカードを手がける「ソラコム」を買収しており、今後IoTに乗り出してくるのだろうと見ていたが、こうゆう感じになってきている。今後も色々出てくると思われる。

 

安川電機、IoT工場

tech.nikkeibp.co.jp

 

就活でも、気になる企業として見ていた安川電機。IoTは、データ収集、データ送信、クラウド等でのデータ解析、解析結果フィードバック、フィードバックに基づいたアクチュエート。という流れを経る。自分が昔調べた印象では、安川電機は、アクチュエータの部分に強みを持っていると見受けられる。

実際に、人が機械に対して有利であると言われているのが、アクチュエートの部分と言われており、人を1/3に減らすことができたのは、安川電機の強みを活かした技術が出始めたという印象を受けた。かなり期待。

 

オリンパス、AI診断。

tech.nikkeibp.co.jp

 

ん〜。。。こうゆうタイプの技術が実現すると言われている時点で、気になってはいたんやが、客側からの目線で、正直言ってしまうと、「医者ってAIあんま好きじゃないと思う。。。」

AI診断系の製品を買う医者の立場(あなたは、例えば世間から見て、超高学歴ともてはやされ、エリートと呼ばれる人材である。)になって考えて欲しいが、機械に患者を診断されたら「イラっとしません笑?」

もっと正直にいうと、医者ってこうゆうのよりも、現在の技術をモリモリに搭載したような手術用器具、例えば、「4K、8K搭載の腹腔鏡手術用モニター」とかの方が好きな気するんやけどなぁ。。。

ただ、この製品に関しては、AIで診断というよりは、AIで病気のある可能性の高い部分を指摘するという、あくまで、モニターと同じく「医者の補助を行うもの」という立ち位置なので、利便性が高ければかなり良さそう。

 

今週の気になったワード一覧

・半値八割二割引

ハト派

GAFA 

・ハイシリコンテクノロジー(中国、スマホプロセッサー、Kirin)

 

自分が株式投資始めたきっかけ

きっかけを生んだ話

株をやっている人のきっかけの多くは、お金が欲しいからという理由のもっと奥に潜んでいる

将来が不安

働かずにお金を得たい

 

などのような理由ではなかろうか

 

自分が株してるのも、今は金が欲しいからに他ならないが、1番最初のきっかけは、株式投資に関する話を聞いて、そんな話が出来る人が、カッコいいと思ったからだった。

その気持ちは今も変わってないので、株で語れる&稼げる人になりたい。という目標を常に持ってやっている。ちなみに、今のトレードスタイルもその人の影響が非常に強い。

 

そう思うきっかけになった話が、以下の高校時代の社会の先生から聞いた話。

 

数年前の日本航空上場廃止の後、潰れる前は、かなり非効率な経営をしてて、その上、LCCにやられてるんですよ。何年か前に日本航空が再上場した際、「経営状況も改善されて、買うなら今や」といことで、株を買って、かなり利益が出て、毎年数枚優待券が来るから、それもヤフオクで売ってるんですよ。と言っていた話。

 

この時から、株式投資に興味を持ち始め、いつか自分もしたいなぁと考えるようになっていた。

大学生になってからは、20歳になったら、元手30万円でやってみようと考えており、実際に実行し、今も続けている。

 

この先生の話にも若干関係する話で、自分の証券の先輩がお客に勧めたスカイマークをお客が400万円で買った2日後に、スカイマーク経営破綻。のニュースが出て、現在上場廃止となっているが、2020年に再上場を計画とあったので、また、スカイマークの歴史について調べていきたいと思う。(調べたいものが多すぎるw)

 

sky-budget.com

自分が株式投資を続けていられる理由の一つ

自分が、株式投資を大学2回生から続けられている理由の一つに、始めたきっかけが上のようなきっかけだからだと思われる。そして、現在、株式投資関連の勉強、考察がかなり楽しくなってしまっていることも大きな要因だと思われる。

好きなものを仕事にしたやつが、人生で一番得をするとかなんとやらだが、この気持ちが一番やな。稼ぎたいだけでは仕事が出来ない、続かない。これと同じ、楽しいから続けられる。

もう一つは、(景気のサイクル的に)始める時期がよかったので、退場するような負けを経験せずに過ごせたことが大きい。

 

株式投資は、当然、含み損を抱えたまま何日、場合によっては何ヶ月も過ごすことになるが、自分はお金を稼ぐという目標以外に、株式投資を他人に語れるレベルまで成長したいと思いながら続けているため、無駄に焦らない。という精神的余裕があることで続けることができているのだと思う。もし、稼ぐことだけが目標なら、含み損を抱えている間、かなりメンタルがきついだろう。自分の場合は、含み損を抱えている場合、今後この銘柄は保有していても大丈夫なのだろうか。もっと、他にいい銘柄はないだろうか。こういうことを考えつくす癖がどんどんついている。(と思う。)

今後相場が難しくなっていくと失敗もあるだろうが、来たるべき時に備えて準備をしていきたい。

 

3月の投資予定

今週の更新〜
今までの投資は、イベントのある日にトレード(投機)したり、悪ニュースがあった後に大幅値下げした株を買い漁って、その株が本当に上がる見込みがあるかどうかを判断して、その後の値上がり益を目論むという投資法をやっていたのだが、最近、相場自体の雲行きが怪しいこと、イベントが少ないこと、社会人になった後にも継続できる手法を学んだ方が良いということが重なり、長期用の銘柄を銘柄組み合わせに含めようということにした。

今のポートフォリオとその反省点等を言っていきたい。

 

 

今週の個人的気になったニュース一覧

木曜日から就活で色々してたから、ニュースの更新が水曜で途切れているw
来週に回そう

友人にアップルウォッチの心電図機能がなぜお蔵入りとなったのかという質問に答えられなかった直後に、日経テクノロジ見たら、完全にドンピシャの記事があったので引用。

年明けてから増えたニュースは、やはり中国をはじめとする世界経済の雲行きが怪しくなってきたこと。今後の動向に注意しなければ。まぁ、長期的に見れば、中国はこれから伸びるのではないか?と考えているんやが。それよりも先に、ASEAN諸国が伸びてくるんかな。

暗号通貨マイニング関連

t.co

 

面白いアプリ

t.co

 

機械受注減速(≒景気減速)

t.co

 

RIZAPのお話

t.co

 

貿易関係

t.co

 

アップルウォッチの心電図機能が使えない理由

t.co

 

串カツ田中のコメント

t.co

 

アビームの特許

t.co

 

楽天の携帯事業

tech.nikkeibp.co.jp

 

ファーウェイCMO弁解

tech.nikkeibp.co.jp

 

学生アルバイト事情

www.nikkei.com

 

長期投資には向いてるかも銘柄

style.nikkei.com

 

花粉対策

style.nikkei.com

今週の気になったワード一覧

竹田和平
ネットネット株
ベンジャミン・グレアム
武田・シャイアー
ルノー・日産
プルトニウム
GAFA
裁量労働制、一般社員への適用
暗号通貨、技術の期待 < 投機の期待
英・EU離脱の期限延長(円安)
米中貿易協議の延長(円安)
韓国、出生率1倍割れ 韓国18年出生率、初めて1.0割れ 世界最低水準に (写真=聯合・共同) :日本経済新聞

3月の投資予定

今日は、3月の投資予定を考える。界隈では、円高ニュースの延長により、3月は円安になる流れが予想されている。そのため、海外売上高比率の高い企業は、3月は上昇していくと予想される。また、3月末に配当があることと、「セルインメイ」が今後あることから、ポートフォリオから株の割合を削減しようと考えている。

具体的には、日産自動車を3月配当の権利落ち日で全売却しようと考えている。日産自動車、若干衝動買いした感が否めないが、今のところ一応含み益は出ているのでいいとしよう。さっさと、別の銘柄に変えたいw。とゆうか、買いすぎた感あるw

 

三菱商事も、若干衝動買いした感が否めない。買った後に、もう一度業界比較すると、伊藤忠商事の方が良かったんじゃね?となっている。個人的に三井物産よりは、いい買い物したと思ってるけど。
昨年度末に今年1年は、忙しくなるから株に時間割けなさそう&そろそろ下がるのでは?と思って手仕舞いしたので、1年弱ぐらい株から離れてた。鈍ってる感すごい。

今、ポートフォリオこんな感じ

f:id:seiyafield:20190414005708p:plain

 

このポートフォリオを今後1.5年間ほどで、以下のような構成にしたい。

f:id:seiyafield:20190414005640p:plain

 

将来的には、もっと現金の割合を減らしたいのだが、如何せん、今の相場が割高に見えて仕方がないので、しばらくは、現金の割合を多めにしようと考えている。 具体的には、投資用金融資産の65%以上は、現金で保有しようと考えている。

なぜ、高配当銘柄なのかというと、高配当銘柄は、株価が下がれば下がるほど配当利回りが上昇する。そのため、高配当であることが株価の下支えになるからだ。

 

 

 

 

トリドール買い時逃してた

以前のブログで、飲食銘柄あげてたが、見事に買い時逃してた。

 

銘柄研究 『飲食店関係で優待狙いの銘柄比較』 株初心者が株について語る vol.4 - ガチホ〇撲滅教

 

f:id:seiyafield:20190219184620p:image

 

自分で、ちょっと間のトリドール売買目安株価は1500円〜1800円とか言っときながら今見たらこの有様。完全に買い損ねた。(これ、若干トリドールの転換点と言うよりは、時期的に相場の転換点な感じは否めんが…。あと、一応、今のチャートの形、完全に抵抗線からの戻り売り局面で、今後上がる見込みあるなら上にブレイクアウトとの見方もできるので、ちょっと間見てもいい。短期平均線がGCするかも注意。今の状態でも配当+優待利回りは3%を超えるので、悪くはない)

忙しかったから値動きは、保有銘柄しか見てなかったからなぁ。

まぁ、次の機会までお預け。

とりあえず、直近のタスクは、目標株価をたくさんの銘柄で決めて、ポートフォリオ候補を増やす。

 

 

銘柄研究 『飲食店関係で優待狙いの銘柄比較』 株初心者が株について語る vol.4

今週の更新〜

最近はがっつり研究室漬け、プライベートで楽しいことはほぼ皆無なので、過去のLINEとか写真とかを見て楽しんだりしてるんやが、飲食のバイトのグループラインを見たとき驚愕した。ぼちぼち就活が始まるから、飲食のバイトの方を休ませていただいてて、ほとんど行けてないから知らんかったんやけど、LINEのグループ見てる感じ女子3人ほど入ってきてるみたい。男子まだ0人w

今年、卒業する男子が3人いて、バイトで男子は5人しかおらず、残る2人のうち1人は俺、もう1人は、社会人なので月に2回ほどしか来れない。このまま男子入らんと、俺が復帰したとき力仕事ほとんど俺になるやんけw 男子カモン!! (まぁ、力仕事いっぱいやると腕の筋肉がちょっとずつ強化されるからそれはそれでええんやがw)

それはそうと最近、3週間ほど連続で土日になっても疲れが取れない謎の疲労に苛まれてる。いつもは、平日しんどくても2週以内の土日に疲れは飛ぶ感じやったのに、最近は全く取れへん。こうゆうときには朝起きたとき、柔軟したり筋トレするとなんか気分が晴れることを忘れてた。だから、今日の朝から起きたら20分ほど使って柔軟と筋トレします。やっぱりこれすると体のけだるさみたいなのはなくなった。研究者とか経営者みたく、必ずしも時間と成果が比例して表れないことを仕事にしてる人は、並行して筋トレとかするのいいみたい。そういえば、いろいろと全盛期だった高2の時も半年ぐらい毎日体幹レーニングしてたわw

 

今週の更新は、 飲食店関係の銘柄で株主優待をもらえる銘柄について銘柄の比較を行う。

これは、やりたかったシリーズの一つで、先週のブログで日本マクドナルドを買った話をした後、もし今後飲食店で買うならどこの銘柄だろうか。というのを考えてみたところこの内容に行き着いた。

 

表を入れてるのでスマホで見てる人は、かなり見づらいと思われる。

HTMLをいじればいい感じにできるそうなんだが、めんどくさくてやってない。(投資とかより全然そっちの方が、ほんまは専門なんやけどなぁ...w) 

 

  

今週の個人的気になったニュース一覧

今週は、決算シーズンということを抜きにしていろいろニュースあった気がする。

 

くら寿司の炎上動画

動画を流した人は訴えられて当然。投資家目線になると、もし、くらコーポの銘柄を買いポジで持っててあの動画で10%ぐらい下がるもんならエライコッチャやでな。売りポジならメシウマやが。

 

www.sankei.com

 

tech.nikkeibp.co.jp

 

r.nikkei.com

 

r.nikkei.com

 

www.cnn.co.jp

 

www.bloomberg.co.jp

 

今週の気になったワード一覧

ニューディール政策

因幡電機産業

・スタバ, TOB

・サブウェイ, 破産?

・日銀買いすぎ, 海外売りすぎ(この前も書いた気が...。

・サンバイオ・ショック

hashang.kabuka.biz

バイオ系は、今後伸びるといわれているけど、自分の専攻分野・知識的にあまり強みがないのでさらっと見てる程度。

 

優待狙いの飲食店銘柄比較

1.1 比較対象銘柄

順番は適当です。

 

吉野家HD (9861)

ゼンショーHD(7550)

松屋HD(8237)

すかいらーくHD(3197)

サイゼリヤ(7581)

王将フードサービス(9936)

ジョイフル(9942)

ジョリーパスタ(9899)

カッパクリエイト(7421)

アトム(7412)

スシローHD(3563)

力の源HD(3561)

トリドールHD(3397)

山岡家(3399)

サンマルク(3395)

くらコーポ(2695)

物語コーポレーション(3097)

串カツ田中HD(3547)

コメダHD(3543)

モスフード(8153)

日本KFC(9873)

鳥貴族(3193)

ジャパンミート(3539)

ミニストップ(9946)

壱番屋(7630)

B-R サーティーワン アイスクリーム(2268)

SRSHD(8163)

クリエイトレストランツ(3387)

ドトール・日レスHD(3087)

日本マクドナルドHD(2702)

 

以上30社の株価を割安性、配当利回り、優待利回りの面から独自に上位銘柄を独断と偏見でノミネートする。おそらく、超オススメはないと思うので、(店舗数推移など)しっかりは分析していない。

*基本的に、2019/2/3(日)時点での時価、簿価で判断する。 

ちなみに、この中で買ったことあるのは、マクドジャパンミート

 

1.2 比較内での上位銘柄ノミネート

優待利回りが高くても配当利回りとの合計で見ることにしている。理由は簡単で、株主優待でもらう物の価値よりも配当でもらえる価値の方が大きければ、配当金で好きな会社の商品を買えばいいから。(別に、こんなことゆうまでもないか)

1.2.1割安かつそこそこ利回りいい銘柄

ドトールHD(3087)

すかいらーく(3197)

サンマルク(3395)

トリドールHD(3397)

コメダHD(3543)

日本KFC(9873)

 

1.2.2 今後の会計次第なところがある銘柄 

B-R サーティーワン アイスクリーム(2268)

SRSHD(8163)

吉野家HD(9861)

ミニストップ(9946)

 

以前、ブログで串カツ田中HDをあげていたが、あれは短期保有のつもりでいいと言っているので長期では、まだなしかな。実際に店に行ってあの銘柄は、しばらくはいいニュースが飛び交うと思ったので笑。勘。自分は、短期や中期はチャートの形でトレードするか、勘でしか儲からないと思うから。店いった時上がると思ったから。

1.3 ノミネート企業の個別詳細

各企業の説明文字数と、自分の興味がほぼ比例している。

1.3.1 ドトール・日レスHD (3087)

この銘柄は、言わずと知れたドトールの会社。あと、日レスは、日本レストランの略で、有名ブランドは「星乃珈琲店」,「五右衛門パスタ」,「卵と私」の会社。

www.n-rs.co.jp

 

どうして、この会社をノミネートしたかというと非常に割安であったから。

ドトール・日レスHDの株価指標

予想PER

13.86倍

予想EPS

149.4

実績PBR

0.92倍

実績BPS

2,260.46

予想配当利

1.55%

予想1株配当

32

概算で出した優待分も含めた配当性向 (優待利回りは0.5%)

32×(1+0.5/1.55)÷149.4×100 = 28.3(%)

 

PER、PBR共に割安な状態。ただ、ここまで割安な割に配当利回りが低いようには感じた。 これにプラスで優待利回りが約0.5%なので、まぁまぁお買い得感はある。

 

財務状況

【業績】 売上高 営業利益 経常利益 純利益 1株益(円) 1株配(円)
連14. 2 113,520 8,452 8,830 3,876 80.4 26
連15. 2 120,020 9,600 10,085 5,219 108.3 28
連16. 2 124,796 9,466 9,491 5,456 113.2 28
連17. 2 126,927 10,514 10,675 6,050 126.7 30
連18. 2 131,182 10,336 10,369 6,673 142.8 32
連19. 2予 133,000 10,400 10,500 6,600 149.4 32
連20. 2予 136,000 10,700 10,800 6,800 153.9 32~34
中18. 8 66,167 5,834 5,881 3,749 84.9 16
中19. 8予 67,800 6,000 6,100 3,900 88.3 16~17
会19. 2予 135,867 10,570 10,683 6,684 - (18.4.13)

 

【指標等】   <連18.2>
ROE 6.8% 予6.6%
ROA 5.5% 予5.3%

  

【財務】<連18.8>   百万円
総資産 124,646
自己資本 99,874
自己資本比率 80.1%
資本金 1,000
利益剰余金 84,755
   

有利子負債

470

 

財務面では、かなり安定した数字を誇り、増収増益も果たしている。ROEは6.8%とそこまでパッとしない数字だが、自己資本比率が80.1%と非常に安定度のある数字となっている。というか、自己資本が多いからROEが低いのでは?とも思われる。利益剰余金も多いので株主還元してくれてもおかしくはないかなぁ?

 

先ほど、割安と言ったが、業績欄を見ると、毎年約3%ほどの成長を見せているので向こう10年常に3%増益とすれば、成長見込みを含めたPERは、11.46となる。そのため、適正PERから見るとPER 13.86は、思ったよりは割高ということになる。まぁ、これだけ財務面が良いと買いたくなるだろう。

 

昔、自分がジャパンミートを買った時と似ている感じがする。お金が余っていたら買ってもいいかなと思える企業。だが、ここを絶対買いたい!とまではいかないかな。クラスの面子で例えると、そこそこ性格良くて、顔が中の上やけど、めっちゃ地味みたいな感じかな(多分やでw)。ジャパンミートを買った時は、あまり他の会社が分かっていなくて、IPO銘柄の一つにジャパンミートがあり、同社の財務諸表とかを見たときそこそこ優良だったので購入した。

 

増収増益で、今非常に割安な水準(PBR ≦ 1)なので、キャピタルゲインを狙うにしてもEPSも毎年上がっているので、市場で変な事件がなければ向こう2年は上がると思う。

 

2番目の株主が自社株で6番目の株主にJTがいたのが印象的だった。もし、自社株買いのニュースがあれば優良企業なので株価はよりいい感じに上がると思う。(自社株買いは、会計上、自己資本比率の減少に繋がり、ひいてはそれがROEの上昇、株の買い支えの好材料になるので、ただこれは、数字のマジックで実際の利益は変わらないことに注意。)

 

チャート

f:id:seiyafield:20190204230646p:plain

 

ダブルボトムなんかな?

 

1.3.2 すかいらーくHD (3197)

すかいらーくHDの株価指標

予想PER

27.16倍

予想EPS

66.5

実績PBR

2.79倍

実績BPS

646.43

予想配当利

2.1%

予想1株配当

38

概算で出した優待分も含めた配当性向 (優待利回りは3.32%)

38×(1+3.32/2.1)÷66.5×100 = 147.5(%) !!!!!!?????

あれ、計算あってる!!!!????これって、かなり無理してないか?心配になって調べたら配当金のみで40%になるようにしてるらしい。しかし、優待分がその1.5倍ほど高いので、トータルで配当性向をみるとどっちにしろ100%は絶対超える計算になるな。

 

有価証券をみた配当性向

H27 94.8(%)

H28 131.9(%)

H29 82.1(%)

一貫して高い。還元しすぎでは?

 

すかいらーくHDといえば、「ガスト」高校生の時よく行ったわw

家庭教師でも時々使わせていただいております。お世話になっています。

ガストの他にも、「バーミヤン」,「ジョナサン」が有名どころ。

 

財務状況

【業績】 売上高 営業利益 税前利益 純利益 1株益(円) 1株配(円)
◇15.12 351,146 27,806 24,717 15,109 77.8 33
◇16.12 354,513 31,249 28,952 18,213 93.6 38
◇17.12 359,445 28,103 25,515 16,926 86.4 38
◇18.12予 368,000 25,000 21,000 13,100 66.5 38
◇19.12予 377,000 26,000 22,000 13,700 69.5 38
中18. 6 179,494 10,327 8,146 5,054 25.7 16
中19. 6予 184,000 10,800 8,800 5,500 27.9 16
四17. 1- 9 270,361 23,040 21,061 14,061 71.9  
四18. 1- 9 275,967 18,809 15,572 9,591 48.7  
会18.12予 366,000 24,000 20,000 12,500 - (18.11.14)

 

【指標等】   <◇17.12>
ROE 14.1% 予10.1%
ROA 5.3% 予 4.0%

 

【財務】<◇18.9>   百万円
総資産 325,840
自己資本 129,288
自己資本比率 39.7%
資本金 3,511
利益剰余金 69,511
   

有利子負債

130,465

 

すかいらーくHD、財務表見た感じだと飲食のあるあるやなぁと思った。最近は、増収だが減益になってしまってはいる。ROEが高いのは、自己資本比率が先ほどと比べて低いからだろう。しかし、上にあげたようにすかいらーく配当利回りと優待利回りは、眼を見張るものがあるので、赤字を出したとかにならない限りは、ある程度以下にはなかなか下がらないと思う。(株価が下がると配当利回りが上がるので配当を目的にした投資家の買い支えで下値が保証されるので。)

 

gurafu.net

 

配当性向が100%超えてるということは、利益剰余金が減っているのかと思えば、上のサイト見ると、そういうわけではなさそう。ん〜、やっぱり計算ミスかな。わかる人いたらコメントしてほしい。

 

チャート

f:id:seiyafield:20190204220022p:plain

 

チャートから見てもわかる通り現状だと若干割高というイメージ。(本当の優良銘柄は、この状況でもまだ上がるけどね)だが、上昇基調ではあるので、値段が下がれば買いたいかな。多分ないとは思うけど、1200円~1400円まで下がれば買ってみたいなぁと思う銘柄。その値段まで下がると、PBRも約2倍まで落ち着き、配当利回りが現状の1.5倍ほどになるので。でも、やっぱり配当性向高すぎると思うんよなぁ。そこだけがネック。この水準は、EPSをあげるか、配当を下げない限り続かないと思う。

 

2番目の株主にアサヒビール、3番目の株主にキリンビールがいたのが個人的にツボ。 

 

1.3.3 サンマルクHD (3395)

サンマルクHDの株価指標

予想PER

16.53倍

予想EPS

149.9

実績PBR

1.14倍

実績BPS

2,173.79

予想配当利

2.5%

予想1株配当

62

概算で出した優待分も含めた配当性向 (優待利回り自分は、多分0.4%)

62×(1+0.4/2.5)÷149.9×100 = 48.0(%)

優待利回りのところに自分は、多分0.4%と買いているのは、ここの優待券ちょっとユニークで、サンマルクグループの店舗で1年間使える20%OFF券をもらうことができる。(店によっては、10%らしい。)

サンマルクグループの筆頭ブランドで自分が行く店といえば、「サンマルクカフェ」,「鎌倉パスタ」,「神戸本町ドリア」らへんかな。

これらの自分が行く店で大体年間5000円ほど使ってると思うので優待持ってると、1000円OFFになる。

だから、購入最低額247,800円(2019/02/03時価)を用いて

1000÷247,800×100=0.40(%)となる。一つ思ったんだが、サンマルク配当利回りは、今みたいに人によって配当利回りが大きく変わってしまう、かなりアナログな計算方法なので、今流行りの人工知能とかでは計算できひんから意外と穴場なのでは?とも思う。

しかも、これ持ってたらもっとサンマルク使うでな笑 そしたら、優待利回りは1%にも2%にもなりえる。

今後、スタバ行かんくなるで笑 (それは冗談。ちなみに、日本のスタバも昔は上場してたそうで、色々と神対応の伝説の銘柄だったそう。)

 

財務状況

【業績】 売上高 営業利益 経常利益 純利益 1株益(円) 1株配(円)
連14. 3* 54,347 7,040 7,102 3,831 170.3 52
連15. 3* 60,831 7,620 7,658 4,129 185.9 58
連16. 3 66,056 7,745 7,942 4,401 198.2 62
連17. 3 67,512 7,727 8,012 4,424 199.2 62
連18. 3 69,084 6,737 6,867 3,618 162.9 62
連19. 3予 70,300 6,660 6,800 3,330 149.9 62
連20. 3予 71,500 6,780 6,980 3,680 165.7 62
中18. 9 34,846 3,216 3,255 1,470 66.2 31
中19. 9予 35,400 3,260 3,360 1,770 79.7 31
会19. 3予 70,347 6,663 6,800 3,338 - (18.11.14)

 

【指標等】   <連18.3>
ROE 7.8% 予6.9%
ROA 6.0% 予5.6%

 

【財務】<連18.9>   百万円
総資産 59,458
自己資本 48,287
自己資本比率 81.2%
資本金 1,731
利益剰余金 44,755
   

有利子負債

0

 

一つ特徴的なのが、有利子負債0

ここも先ほどのドトールと同じく自己資本比率が高く、かなり財務状況は良いと思われる。自己資本が多いのでROE 約7%は、そこを考慮すると、なかなかの好成績だと思われる。ちょっと前までは、増収増益だったが、最近が増収減益となっている。

EPS(一株あたり純利益)が最近は、下落基調なのでそれに応じて株価も下がっている。

株価指標見るとかなり割安な水準で、推移してきているのでそろそろ買いごろかとも思われる。(株価の下落は、業績の悪化が招いているので諸手を挙げて歓迎はできないが...。)

自社株の比率がある程度あるので、今後自社株買いを継続するかやめるかも株価上昇のポイントになる。

 

チャート

f:id:seiyafield:20190204220945p:plain

 

チャート見た感じ以前のレンジ上抜けの1800~2100で一旦底を打つ可能性と、BPSが2173円(PBRが1.0倍になる水準)なので、ひとまずは、2100円前後まで下がれば買いたいと思う銘柄。現時点で若干下落基調なのだけが懸念材料。PBRが1を割ってもまだダラダラと下がる可能性も否定できない。その辺の判断は、ケースバイケースかつセンスで判断。しかし、PBRが1以下ということは、企業が倒産しても儲けが出るということなので、(厳密にはそこまで簡単な話ではないが...。)

 

主要株主の2番目に(株)クレオってあるんやけど、どこやねんw

5番目に自社株、7番目に伊藤忠商事

8番目にはノルウェー政府がおるんやけどw どうゆういきさつでこうなったんやw 

 

1.3.4 トリドールHD (3397)

 トリドールHDの株価指標

予想PER

26.01倍

予想EPS

74.5

実績PBR

2.2倍

実績BPS

880.85

予想配当利

1.55%

予想1株配当

30

概算で出した優待分も含めた配当性向 (優待利回りは2.06%)

30×(1+2.06/1.55)÷74.5×100 = 93.8(%)

これも高いな!計算あってるか怪しいけど

 

トリドールは、兵庫県本社の企業で、有名ブランドに「丸醤屋」,「とりどーる」,「丸亀製麺」がある。

 

財務状況

【業績】 売上高 営業利益 税前利益 純利益 1株益(円) 1株配(円)
◇14. 3 78,318 2,643 2,374 975 24.8 8
◇15. 3 87,294 4,175 3,614 1,982 48.8 10
◇16. 3 95,587 8,733 8,117 5,212 120.6 24
◇17. 3 101,779 8,619 8,466 5,631 129.9 26
◇18. 3 116,504 7,635 7,175 4,665 107.4 26.5
◇19. 3予 144,700 4,800 4,700 3,170 74.5 30
◇20. 3予 160,000 6,500 6,400 4,300 101.0 30
中18. 9 71,981 4,122 4,128 2,948 68.1 0
中19. 9予 78,400 4,200 4,200 3,000 70.5 0
会19. 3予 144,673 4,710 4,219 3,105 - (18.11.14)

 

指標等】   <◇18.3>
ROE 13.2% 予8.5%
ROA 4.2% 予2.8%

 

【財務】<◇18.9>   百万円
総資産 113,165
自己資本 37,496
自己資本比率 33.1%
資本金 4,060
利益剰余金 31,144
   

有利子負債

53,779

 

増収傾向ではあるが、今期の予想営業利益が前期の半分ほどになっている。ROEも5%ほど減少するのはかなりコスト削減が要求される。今後、コスト削減にどれだけ踏み切れるかが株価上昇の鍵になる。

 

チャート

f:id:seiyafield:20190204231758p:plain

 

5番目の株主に自社株がある。(91万株) 、1株1950円として計算すると17.8億円。(たぶん、実際はここまで高くないが...。)

総資産に対する自己株の金額比率は約1.57%となっているので、そのぶん株主還元に貢献していることがわかる。

下がったと言ってもまだ高いかな。兵庫県にゆかりのある企業やから買いたいんやけど、今はその時期じゃない感。

チャート見てる感じ、そろそろ下支えの線に当たりそうやからキャピタルゲイン狙いならいいかも。(1500~1800円ぐらい目標)

 

1.3.5 コメダHD (3543)

 コメダHDの株価指標

予想PER

18.33倍

予想EPS

112.5

実績PBR

3.34倍

実績BPS

617.46

予想配当利

2.42%

予想1株配当

50

概算で出した優待分も含めた配当性向 (優待利回りは0.97%)

50×(1+0.97/2.42)÷112.5×100 = 62.3(%)

PBR 3.34は、今日あげてる銘柄の中で、今まで見てきた中で一番高い。一株益が年々上昇しているので、それだけ期待が集まっているのだろう。

 

財務状況

【業績】 売上高 営業利益 税前利益 純利益 1株益(円) 1株配(円)
◇15. 2* 19,186 5,912 5,023 3,219 73.5 16.7特
◇16. 2* 21,721 6,559 6,335 4,125 94.2 0
◇17. 2 24,052 6,885 6,668 4,508 102.6 50
◇18. 2 25,984 7,206 7,083 4,904 109.7 50
◇19. 2予 30,300 7,570 7,440 5,100 112.6 50
◇20. 2予 33,500 8,200 8,070 5,500 121.4 50~60
中18. 8 14,850 3,694 3,643 2,499 55.5 25
中19. 8予 15,500 4,000 3,900 2,600 57.4 25
会19. 2予 30,301 7,565 7,437 5,103 - (18.4.11)

 

【指標等】   <◇18.2>
ROE 19.0% 予18.3%
ROA 7.8% 予 7.8%

 

【財務】<◇18.8>   百万円
総資産 65,713
自己資本 27,849
自己資本比率 42.4%
資本金 493
利益剰余金 15,264
   

有利子負債

25,094

 

ROEが異常に高い。これは、もしかするとバリュー株ではなく、グロース株か?

自己資本比率がそこまで低くもなく、このROEということは、結構稼いでることがわかる。

店舗数の推移とかまでみないとわからんなぁ。店舗数がかなり増加傾向にあるならグロース株と思われる。

 

これは、短期で買うにはいいかもしれないが、長期目線で買うのは今じゃないかなぁ。 ちょっと高い。投資家の期待感が凄い。

最近上場したので、IPOの時にみてた銘柄の一つ。

 

チャート

f:id:seiyafield:20190204231856p:plain

 

5番目の株主にかんぽ生命、6番目に資産管理サービス信託銀行年金。

 

1.3.6 日本KFC (9873)

日本KFCの株価指標 

予想PER

44.41倍

予想EPS

44.7

実績PBR

2.18倍

実績BPS

910.15

予想配当利

2.52%

予想1株配当

50

概算で出した優待分も含めた配当性向 (優待利回りは0.5%)

50×(1+0.5/2.52)÷44.7×100 = 134.1(%)

有価証券みたら配当性向は、減少傾向にある。(昔が無理しすぎてたのでは?)

 

H26 363.9(%)

H27 -

H28 234.3(%)

H29 188.0(%)

H30 105.3(%)

 

財務状況

【業績】 売上高 営業利益 経常利益 純利益 1株益(円) 1株配(円)
連14. 3 83,436 1,822 1,856 441 19.7 50
連15. 3 84,605 670 667 -524 -23.4 50
連16. 3 88,180 2,011 1,866 730 32.6 50
連17. 3 88,032 2,558 2,425 1,365 60.9 50
連18. 3 73,457 477 627 578 25.8 50
連19. 3予 74,000 1,500 1,600 1,000 44.7 50
連20. 3予 74,800 1,900 2,000 1,250 55.9 50
中18. 9 35,070 485 547 367 16.5 25
中19. 9予 35,500 570 620 400 17.9 25
会19. 3予 73,000 1,000 1,100 700 - (18.5.9)

 

【指標等】   <連18.3>
ROE 2.8% 予4.9%
ROA 1.6% 予2.7%

 

【財務】<連18.9>   百万円
総資産 36,747
自己資本 20,341
自己資本比率 55.4%
資本金 7,297
利益剰余金 3,346
   

有利子負債

0

 

財務諸表見てても、客離れ感がある。というか、売上高は上昇基調なのに、営業利益に毎年差が出すぎだと思われる。

こちらも有利子負債0が個性的。しかし、自己資本比率が55.4%という謎の数字。おそらく自己株が多いか、売掛金などが多い(ツケ払いの回収遅れ)等が考えられる。

 

チャート

f:id:seiyafield:20190204232002p:plain

 

筆頭株主三菱商事787万株(34.5%)。昔は65.86%だったみたいなので、親会社やったんやなぁ。と今更ながら知った。

www.nikkei.com

2番目に自社株35万株(1.57%)、10番目の株主にキユーピー

やっぱり、自社株多かった。

ちなみに、一株1985円計算で計算すると、自己株は、総資産に対して1.89%の割合。結構ある。

 


1.3.7 吉野家HD (9861)

会計次第と行った会社の中から1社だけ解説。

吉野家は、ご存知の通り、牛丼御三家「吉野家HD」,「ゼンショーHD(すき家)」,「松屋HD」の一角。

これはかなり最近、3社を比較しているブログがあったので引用させていただきます。

牛丼好きな貴方はどれを買う?「牛丼銘柄」を比較してみました - 【24/7】高配当株とかマイレージとか車とか【独り言】

吉野家をノミネートしたのは、今後の会計次第なところがあると考えたから。個人的には、すき家が最寄りかつ一番好きなんだが

 

ゼンショーHDの株価指標

予想PER

42.84倍

予想EPS

58.2

実績PBR

5.07倍

実績BPS

491.59

予想配当利

0.72%

予想1株配当

18

 

と、なかなか割高。もし、流通かなんかの停滞とか、業績は下がるけどすき家の品質に関わるものではない。とかいう理由で今の1/2ぐらいの割安度になれば買ってもいいかなという感じ。

 

とは言っても吉野家の株価指標もこんな感じ

吉野家HD(9861)の株価指標

予想PER

--倍

予想EPS

-17.8

実績PBR

2.02倍

実績BPS

859.74

予想配当利

1.15%

予想1株配当

20

予想EPS -17.8は...。残念って感じ。

以前ブログで言っていた株価 = EPS × PERの式すら使えない状況。

上のゼンショーと比較してPBRと配当利回りは大体2倍ほど割安な感じ。

今かなり、割安だと思うから、今後黒字になる見通しがあるならいい。(むしろ、今後改善する見通しがあるなら、今の状況はかなりバーゲンセールだ。)上の引用ブログの方が仰っている通り、ちょくちょく赤いのでもし買うなら、いいタイミングで買えるゼンショーかな。個人的には今のところどっちもなしかな。吉野家HDは、PBR1倍水準までいってそろそろ検討しようかなレベルかも。

 

1.4 購入候補メモ

比較対象銘柄の中で現時点で長期に向いていそうな銘柄をピックアップ。

ちなみに、比較対象銘柄内での比較なので、そもそも今回比較対象に入ってない優良な銘柄もテーマ的に入ってないだけなので、これが最良なわけではない。

ある程度範囲を絞って何個かのグループ内で比較してから長期向きの銘柄をピックアップし、さらにピックアップしたもの同士で比較しようかと考えている。

しっかり比較してないので恐らくだが、ここにあげたどの銘柄よりもKDDI(これも適当にあげた笑)とかの方がいい気がする。

 

サンマルクHD(割安・高配当)

ドトール・日レスHD(割安)

トリドール(高配当)

 

1.5 まとめ

表とかチャートとか載せてたらガチでやった感出てるやろw個人的には、まだまだ満足してなくて、もっとしっかりしたやつも作れるとは思いながらも、今の実力、状況では無理なので一旦これで公開して後々追加していくタイプにしよう。とりあえず、後で自分が見たときにこれを書いている時の自分が何を考えていたかわかればOK。今回の更新は、事実を書いてるだけなので、そういう意味では内容が薄い。

ここで言った、買いごろの値段は、今の状況かつ自分の独断と偏見で言ったもで、市場の適正価格は、ケースバイケースで変わるので、後でもう一度購入を判断するときは気をつける。

今日の更新、文字数がすごいw 1万文字超えてるw ちょっとした卒論やw

大学行かずに一生バイトして資金貯めて投資家を目指すという道もなしではなかったなぁw

その選択肢を選んでしまうのは、博打やし、自分が就職するエンジニア職も楽しいからええんやけどw

  

帝国データバンクのレポートにも今回ノミネートした企業がたくさんあがっていて、やはり、財務諸表、配当利回りは嘘をつかないなぁと実感させられた。

 

帝国データバンクレポート↓↓↓

https://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/p180801.pdf#search=%27コメダHD+店舗数+推移%27:image=https://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/p180801.pdf#search=%27コメダHD+店舗数+推移%27

 

 

 

『株売買感について』 株初心者が株について語る vol.3

今週の更新〜

先週、論文提出があるからブログは無理だなぁとなっていたが、思ったより早く以前出した論文の査読結果が返ってきて"Major revision"大幅修正だった。今はどちらかというとそっちの修正に追われ、新しい論文は最悪、就活の後に出すか...。という感じで息抜きに書くことにした。

 

そういえば、研究室の後輩が自分のブログを割と最近のやつまで読んでるらしいw

最近は、研究以外でプログラミングする時間もないし、研究のプログラムも上げることは出来ひんので全然プログラム系の更新はせず、投資系の更新しかしてないから、これを見て何の利益も得られるとは思えないが...w 株でもやってるんかなw

 

今日は、しっかり書く日ではないので適当に書く。

自分の株の売買感についてつらつらと述べる。

 

 

今週の個人的気になったニュース一覧

 メールの特徴から本当に上司からのメールかを数千種類の項目から判断。(トレンドマイクロ)

r.nikkei.com

 

業務自動化系の話(アクセンチュア)

tech.nikkeibp.co.jp

 

業務自動化はよくあるやつ、他にも自分が知ってるのだとブレインパッドとかがやってる。 

 

明石市長のニュース

haru-journal.com

 

あとは、何と言ってもこれでしょ。

結局、市長辞職志願しはったみたいやけど、正直言葉が荒いのは元々やからニュース見たときも平常運転では?と思ったんやが...w 成人式で怒った件しかりwww

なんというか、陰謀感がすごい。誰か次の市長になりたい人が、マスコミに賄賂でも送ったんかw?

明石市は、子供のいる家庭を優遇する措置を取っていて、兵庫県全体では人口が減少しているのにも関わらず、明石市は人口を増やしている。

子供のいる家庭にお金を使ってはいるが、労働年代の人口を増やせば税収が増えるので結局トントンになっているのではなかろうか。市長、口調は過激やけど政策に関しては超優良だと思っているので次の4月(市長が辞職希望出したから早まるかも?)の市長選では、頑張って欲しい。

 

web.pref.hyogo.lg.jp

 

今週の気になったワード一覧

今週は、マジで将来の自分に対するメモレベルのワード一覧。これは、自分が振り返る用のコーナーになりつつある。

 

ベンジャミン・グレアム
グレアム型投資
フレンチ型投資、最初の候補選出
コバンザメ投資
串カツ田中
コスモス薬局, CCC
田崎真珠, MBO
理論株価
BNF
ピジョン, 創業者
パレートの法則
HTTP/3
3GPP 5G NR Sidelink(SB,v2v)

 

今週ネットサーフィンで発見したパワーワードは、ダントツで「ピジョン,創業者」

news.livedoor.com

 

確か、中国の中流階級の家庭が日本製の製品でどのような物を購入しているのかを調べている時に見つけた話。

1000人のおっぱいを吸ったってw 

 

自分の株売買感について

株を買う時の種類判断

そもそも、自分が株を買う時にはある程度どれぐらい保有するかをあらかじめ決めて購入するケースが多い。

自分の中では、そもそもグロース株なのか、バリュー株なのかで保有期間も大きく変わる。

 

短期保有

・上場したての有望ベンチャー(グロース)

・まだ世間には知れ渡っておらず価格変動性の高い金融商品(暗号通貨等・グロース)

・何かイベントがある日にデイトレードする時(FOMC, 日銀黒田総裁発言日, 選挙等)

 

中期保有

・悪いイベントがあった時に急落したが、将来的に元に戻りそうな優良銘柄(バリュー)

 

長期保有

・相場全体が悪い時に買う長期用銘柄(高配当銘柄・バリュー)

REITとか

 

 

短期保有と中期保有は基本的にキャピタルゲイン狙いで

長期保有インカムゲイン狙いとなる。

 

この中で、ナンピン買いするのは、長期保有の銘柄のみとなる。

長期保有銘柄は、ドルコスト平均法にのっとり購入価格が減少するのだが、今先ほど短期保有で取り上げた金融資産は下がるときはかなり下がる。上がる時もかなり上がる。が基本なので、下げ始めに買ってしまうとリバウンドで、値上がり始めても、元の値段まで上がるのにかなり時間かかって下手すると十年ぐらいとかかかる可能性がある。こうなると最早、短期投資とはいえないだろう。

 

最近、投資期間を長期運用に変えたいと思っていて長期投資の勉強をしている。理由としては、学生の間は、大事な日に1日中PCに張り付いてデイトレードや会社のニュースを調べ尽くすという行為を存分にできるが、社会人になるとそうはいかんだろう。ということで、社会人になっても利益を継続して出せる手法を学生の間に知っておこうと考えたからだ。あと、卒業までに半年ほどは、まとまって(1日2~5時間とか)勉強できる時間があるはずなので卒業までに絶対習得する。

 

ただ、長期投資の勉強を始めると、昔持っていた株もっとずっと持っていればよかったなぁと思ってしまった。

昔の取引でマクドナルドを中期保有していた。ちょうど、3年前ぐらいの異物混入事件である。大体1株2500円弱で購入できたので、かなり割安の際に買うことができキャピタルゲインと優待券をいただいたのだが、今思うとこれは、長期で持っていてもよかったかもしれないと考え始めてしまった。今の株価で利回りを計算すると、大体5000円前後をうろうろしているので配当利回り(現在約0.6%)と株主優待利回り(大体500円相当の商品券×6枚。これが年2回、これも大体利回り0.6%)の合計1.8%。これが継続すると考え、キャピタルゲインの影響を抜きにしても倍にするには単純に55年かかるw

しかし、当時のレートで利回りを計算すると株価が現在の半分ほどで購入していたので(配当利回り1.2% + 優待利回り1.2 × 2%)なので、まぁそう悪くはない利回り3.6%を達することができていたとも言える。キャピタルゲインの影響を無視して倍にするのに27年。前言撤回、全然長いわw。

今更ながらこれ書いてる途中に思ったのだが、中期保有で売っていて正解だったかもしれない。結果的に半年後ぐらいに、ポケモンGOのスポンサー採択時の3500円弱で売却できたので(約40%の利回り)、配当で見ると約10年分の利益をほぼ半年で得ることができたので、今数字で計算してみるとかなり上々な結果を出していたわw

当時は、アホみたいに値段上がっていくマクドナルド株見てテンション上がりすぎて売却したから、今計算するまで気づかんかったw

 

ちなみに、当時マクドナルドを買った理由としては、基本的にBtoCの企業の株は、不祥事のレベルにもよるが、だいたい上がると個人的に考えているからだ。 

 

また、色々落ち着ちついたら追記するとしよう...。 

 

 

今後のスケジュールがなかなか鬼畜な件

早速、先週ブログ更新が滞ったが、論文を書くことになり

恐らく、来週、再来週ぐらいまでは、更新が滞りそう...。(目標立てた意味...。)

 

なんやかんや論文執筆中もブログ更新は、出来なくないのだが、大きなタスクの並列数を3より多くしないようにしている。3よりあるときは、どれかを諦めるか、締め切りが近いもの順に並べて処理していくが、最近は、タスクを減らしても増えるので、色々なタスクの締め切りに一生追われているという感じだ。今回は、ブログ更新を諦めた。

 

あと最近、今後購入する株のポートフォリオを組み直してるから、そこに結構大きな労力を使っている。

具体的には、電気、医療、機械等の分野から、1000銘柄ぐらいを比較してそのベスト5を決定しようと考えている。日本で上場している企業は、だいたい3700社ほどなので、その中の1/4の中の個人的ベスト5を決めて頃合いをみようと考えている。

 

それにしても、今後のスケジュール鬼畜すぎるw

2月全般                  インターン&就活

2月上旬〜中旬       論文執筆&提出

恐らく、この辺りで以前出した論文の結果が返ってきて修正or再提出タスクがある。

2月中旬〜3月末     研究室タスク

3月全般                  就活

 

〜追記〜

実際は、このブログを更新した日の夜に以前出した論文の結果が返ってきて修正を行っているうちに、2月5日となったので、新しい論文は就活後になりそう。

 

『PERとかEPSとか』 株初心者が株について語るvol.2

今週の更新するぞ〜

今週から目次をつけることにした。

理由は、後で自分が見返しやすいことと、その時の時短になるから。

目次のつけ方は、このサイトを利用させていただいた。ありがとうございます。

 

seaotterman.hatenablog.com

 

基本的に、暇でもなく忙しくもなければ、今後は土曜日に更新していこうと思う。土曜日は、基本的に夕方以外は予定を空けていることが多く、午前中に記事の更新ができる上に、1週間の平日の振り返りをするのにもちょうど良いと感じたからである。

もう一つ理由がある。最近気になって自分の中での問題に感じていた、「スマホのインターネットブラウザのタブ開きすぎ問題...。」これを解消したいのである。どうせ、後で見ねぇだろ笑

なので、土曜日にタブを全て消して、代わりに開いたタブで気になったニュースやワードだけをブログに書き残すことにした。 

 

 

今週の個人的気になったニュース一覧。

 

1/8 武田薬品工業が、シャイアーの買収を完了。

違和感のある日本の時価総額ランキング...。武田が6位...。6兆円...。

SBG(ソフトバンクグループ)だけでなく、SBもいるw

f:id:seiyafield:20190112153902p:plain

 

シャイアー買収前の武田の時価総額は確か3兆円ほどで、 ポンド換算でシャイアーの方が武田より時価総額が高かったため、当時非常にバッシングを受けてた記憶がある。(確か、シャイアーも日本円で約3兆円ほどだったと思う。)

 

1/8 IBMが両氏コンピュータを商用化

gigazine.net

 

1/11 オリンパス 4/1付けで社長交代。

www.nikkei.com

 

この辺のニュースが今週の個人的気になるニュース。量子コンピュータとかは、自分の専攻分野に関連のある技術なので今後も動向が見逃せない技術である。今後の展望に目が離せない。

 

今週の気になったワード一覧

帝国データバンク

兵庫県上場企業本社時価総額ランキング

・GNT(グローバルニッチトップ)

アベノミクス, 円安

・日銀, ETF, 増えすぎ

・看護師, 将来, 余る→在宅看護に向かう

 

PERとかEPSとか(四季報にも載っている指標の解説)

今日の更新は、四季報にも載っている株価の指標。以前のスクリーニングでPERとか、EPSとか先に解説する前に使ってしまったので、追っかけで解説。
ここで解説するのは
Earning Per Share:EPS
Price Earning Ratio:PER


企業が株式資産をどれだけ稼ぎに変えているかを知る指標EPS


EPSとは、Earning Per Shareの略で一株あたり純利益という意味。計算式は以下

EPS(一株あたり純利益) = 当期純利益 / 発行株式数

言葉通りの計算式。EPSが、一株あたり純利益とみた瞬間に式がこうなる事がわかる。

ちなみに、EPSを見たときに同時に見ると面白いのが一株あたり配当額。
式うんぬんとゆうよりは、企業がこの言葉で数字を出してる。

何が面白いかというと、一株あたり純利益 < 一株あたり配当額 の時は、利益を超えて配当しているので、かなりリスキーな感じがする。

さらに、この2つを使った配当性向という指標もある。

配当性向(%) = 一株あたり配当額 / 一株あたり純利益(EPS) × 100

この指標は、純利益の中から何パーセントを、株主に配当として還元しているかという事を示す指標。

この指標が100%を超えていると先の例と同じく今期の純利益以上に株主還元が行われているので注意。

 

EPSで注意すべきことは、もう1つある。毎年増益していた企業が急にある年EPSが半分近くなっていることがある。これは、単に利益が減少している可能性もあるがまず考えるのは、株式分割が行われたのだろうかということである。株式分割とは、資本金を増やさずに1株を半分などに細かくすること。EPSの分母は発行株式数なので、株式を半分に分割するとEPSは半分になる。

 

あと余談だが、株式分割をすると株価も下がる(一株あたりの価値が下がる)。これは、日本が借金だらけだと話をした時に、お金をすればいいだろうと言う人に対して、日本札を10倍刷ったって今100円で買えるものが1000円になるだけで何も解決しないと言うのと同じ原理。株式分割をすると一株あたりの価値が日本円に対して相対的に減少するのでこのようなことが起こる。

株式分割をするメリットとしては、単元株の金額(ある会社の株を買うために最低限買う必要のある金額)を下げることができるというメリットがある。ちなみに、持っている株式が分割されると、そのぶん持っている株式も倍になるので自分の持っている株の総額は変わらない。むしろ、株式分割を行うとその後の株価が上昇する傾向にある。

 

割安性をはかる指標PER


PERとは、Price Earning Ratioの略で直訳すると、価格(株価)と稼ぎ(純利益)の比率の意味。主に株価の割安性を見る時に利用される指標。
式は、以下で
PER = 株価 / EPS(一株あたり純利益)

で示される。つまりPERとは、現在の株価が一株あたり純利益の何倍であるかを表す指標だ。数字が低い方が割安と判断される。

業界、企業ごとにPERの平均値は違うので一概に何倍以下が割安とは言えないが10倍〜15倍以下だとよく割安と言われたりする。

ちなみに、現在の日経平均株価のPERは、20倍前後を推移しており、ここ数年の中では比較的割高と言える*1。次回は、日経平均株価等についての更新をしたいので、この辺に関する考察も日本経済の歴史と絡めて見ていこうと思う。

 

 

また、PERは別の見方をすると、先のPERの式を変形することで、株価 = PER × EPS(一株あたり純利益)で計算できる。

つまり、PERに変動がなくかつEPSが毎年上がれば、その裏では株価が上がっているということ(当たり前)。
この事例を、計算式と市場を合わせて考えると、
優良銘柄とアナリストが判断すれば市場が反応し、株がこっそりちょっとずつ買われる。→
株価が上昇する。→
株価が上昇するとPERも上昇し割安性が薄まる→
ある程度の期間がたち、優良銘柄の利益が上がりEPSも上昇すると、PER式の分母が大きくなるので、PERはまた下がり割安性が強まる→
優良銘柄と判断され…の繰り返しになる(こともある。)
といったような使い方になる。

 

最近は、医療機器関連の銘柄の考察をしているので、その中から上記の流れに当てはまる企業を紹介すると、

 

(6869) シスメックス

(7701) 島津製作所

(7716) ナカニ

(7730) マニー

(7747) 朝日インテック

(7749) メディキット

 

が、挙げられる。(多分もっとある。調べきれてない。)

 

シスメックスは、兵庫県神戸市本社の医療機器メーカーで、(祖母が働いてた。)試薬で利益を叩き出す強力なビジネスモデルを持っている企業である。日本上場企業時価総額100位以内にも入っている時もあるので、株やってる人なら多分かなりの割合で知っている企業である。

 

朝日インテックは、半年ぐらい前に知り、その収益力に非常に驚いた企業である。ROEシスメックス15.4%に対して、朝日インテック18.1%と驚くべき数字である。

 

毎年とまではいかないが、若干増加しているのが

(6960) フクダ電子

 

フクダ電子は、株価はかなり高いがPERは14.8と低く、発行株式数が少ないイメージがある。(EPSも上記の会社と比べると高い。発行株式数が少ないとEPSの分母が小さくなるのでEPSがあがる。)

もし株式分割したら割といい影響与えそう。

また、配当利回りも2.45%と高い。

ざっくりとした今後の展望としては、在宅看護に向かう予定らしく、今後の在宅看護市場のニーズとも一致している。

 

この指標を使う際に注意すべきことが1つある。EPSは時価ではなく、簿価(決算書に載っている値)で計算されるので、次の決算書が出るまでの期間は更新されないのが欠点である。そのため、計算に用いるEPS等はその指標がいつ出たかも考慮に入れて用いる必要がある。

 

時間があれば、今週末にもう一つ、次の記事更新したいと思う。多分無理やと思うけど笑

 

*1: https://nikkei225jp.com/data/per.php