ガチホモ撲滅教

頭良くなって良くなってさらに良くなりすぎて一周まわってアホになりたいです

会計に必要な知識を整理 vol.7 企業の安全性指標

今日は、貸借対照表の応用版

貸借対照表は、昔書いたBSってやつ

seiyafield.hateblo.jp

 

これ見ると企業の資産状況がわかる。

主に、安全性を確認するときに見る。

なんか、買いたい株あんねんけど

この企業倒産したりせえへんよなぁってゆうときに見たい指標。

 

最近、経営破綻した企業見るのが手っ取り早いから

そうゆう企業を適当にあげると

スカイマーク」、「パナソニックプラズマディスプレイ

10年ぐらい前?やと「JAL」とか

あと、最近でやばかったのは「東芝」。

東芝」は結局、稼ぎ頭のメモリ事業を売っぱらったので

何とか、金をつくることはできた感じ。

東芝」に関しては

おいおい銘柄研究で説明するつもりなので

そのときに見ていく感じで。 

 

貸借対照表で俺がよくみる、主な安全性指標は以下の4つ

上のもの程、より短期的な安全性を見ることができる。

 

・手元流動性...(現預金 + すぐに売れる資産 + すぐに借りることのできる与信枠) ÷ 月商

当座比率...当座資産 ÷ 流動負債

流動比率...流動資産 ÷ 流動負債

自己資本比率...純資産 ÷ 総資産

 

手元流動性は、(現預金 + すぐに売れる資産 + すぐに借りることのできる与信枠) ÷ 月商

で計算することができる。

分子は、現預金や、すぐに売れる資産(証券とか)に、銀行からすぐに借り入れ可能な枠を合計すると出る。

分母の月商は、売上高 ÷ 12で出る。

この指標は、すぐに使えるお金が月商の何ヶ月分あるかという指標。

大企業は、1ヶ月分、中堅企業は、1.5ヶ月分

中小企業は、1.7ヶ月分あれば良いとされている。

 

 

当座比率は、当座資産 ÷ 流動負債で計算することができる。

当座資産とは、現預金、有価証券、売掛け金及び受取手形の合計から貸倒し引当金を引いたもの。

要は、流動資産の中でもより現金化しやすいものの合計。

資金繰りの能力を見る際にも使われる。

業種によるが一般的には、0.9以上だと安全。

 

流動比率とは、流動資産 ÷ 流動負債で計算することが出来る。

流動負債とは、1年以内に返済義務のある負債。

流動資産とは、現金とか、証券とかの現金に近いものの合計金額。

流動比率が1を切っているということは、分母の流動負債の方が大きいということになるので

負債の返済ができないということになる。

ちなみに、流動負債の中の「支払手形」を返せないのが2回起こると銀行から借入できなくなり、倒産という形になる。

業種によるが一般的には、1.2以上だと安全。

 

自己資本比率とは、純資産 ÷ 総資産で計算することが出来る。

企業の長期的な安全性を調べるときに見る。

*自社株多いと、自己資本比率は低くなるのでそこだけ注意。